Top

ブログネタ

「ら抜き言葉」って、そんなにいけないことですか?

投稿数:43エントリー
公式ブログネタ

こんにちは! J-CAST会社ウォッチ編集部です。就職活動が本格化してきたころですが、面接経験豊富な30~40代の上司世代に「イラつく若者言葉」を尋ねたところ、最も多かった答えは「見れた」「食べれた」などの「ら抜き言葉」だったそうです。

回答者からは「ものすごく幼稚な印象を受ける」「いちいち気になって、話の内容が頭に入ってこない」など、かなり厳しい意見も出ています。

「ら抜き言葉」は、そんなにいけないものなのか

一方で、「普段から普通に使っているので気にならない」という人もいます。「ら入りの方が気持ち悪い」という人がいたり、うちの地元では「ら抜きが標準」と反論する人も。

それでも、言葉づかいで属していた集団の「知的レベル」が分かるという採用担当者もおり、「ら抜きを話す人は採らない」とコメントしています。さて、ここでお題です。

☆「ら抜き言葉」って、そんなにいけないことですか?

言葉は時代によって変化するので、言葉づかいだけで採用を決めるのはおかしい、という意見もあります。みなさんはどうお考えでしょうか。興味深い投稿については、弊社記事内で引用させてもらうことも考えています。


お題提供元:「J-CAST会社ウォッチ」
会社ウォッチロゴ

みんなの投稿

カテゴリー