Top

ブログネタ

デジカメで季節の花や風景等を・・・vol.3

投稿数:190エントリー

デジカメで撮った、その季節を感じる花や風景などを共感しましょう。

みんなの投稿

  • 6匹の内1匹が、14日からカメラに収まっているアサギマダラでした。 14日から今日23日まで10日間ここに滞在していたことになります。21,22日は台風の影響でずっと雨でしたから、...

    2017/10/23 19:15
  • 台風21号が去り、10日振りの青い空と太陽です。午後3時頃いつものフジバカマの花の処に行って見ました。思っていたより多くのアサギマダラが蜜を吸ったり花の上を優雅に舞ったりしていまし...

    2017/10/23 19:10
  • 少し前、アサギマダラを撮りに行った時に、近くで黄色い花を着けた「ヤクシソウ」を見つけました。まだ草丈は低くこの画像の花で直径1.5cm程です。 名前の由来は諸説あるようですが、奈良薬...

    2017/10/22 16:34
  • 今日は一日中雨で、アサギマダラを見に行くことができませんでした。なので、先週撮っていた写真を・・・。画像は、白いカタバミ、「オキザリス・レグネリー」。南アメリカ原産の帰化植物で、...

    2017/10/21 16:51
  • 今日も午前10時頃迄雨でしたが、雨が上がったので見に行ってきました。着いた時には1匹がフジバカマの蜜を吸っていました。その場でカメラのファインダーで確認してみると、昨日と同じアサ...

    2017/10/20 18:23
  • 午前10時頃、雨が上がったので見に行ってきました。着いた時には1匹も居ませんでした。気温は15度くらいだと思いますが、この気温では流石のアサギマダラも寒くて動けないだろうなと思い...

    2017/10/19 18:09
  • 今日午前中は薄日も差すようなお天気だったので、ちょっと期待しながら行って見ました。着いた時には2匹いましたが、後で画像を見てみると、その2匹の内1匹は、昨日居てくれた翅に見覚えの...

    2017/10/18 18:00
  • 昨日は一日中雨で、アサギマダラも蜜を吸えずお腹を空かしていたことでしょう。夕方、小雨になった時近くを通ったので、一途の望みを託してちょっと寄って見ましたが、やはり一匹もいませんで...

    2017/10/17 18:11
  • 野菊と呼ばれる中の一つで、これから咲き始めるこの種のキク科の野草は区別が難しいので、名前を調べていても解らなくなります。花の直径は2cmも無い程で、日陰になるような処で見かけるの...

    2017/10/16 18:02
  • 今日撮ってきたアサギマダラの画像をチェックしていると、見覚えのある特徴を持ったアサギマダラが写っていて、前日以降の画像を調べてみたら、12日から4日連続で毎日写っていました。天気が...

    2017/10/15 16:46
  • 今日は着いた時には気にならない程の小雨で、3匹確認出来ましたが、暫くして雨が降ってきました。雨の中のアサギマダラを見るのは初めてですが、雨が降っていてもお構いなしに花から花へと、...

    2017/10/15 16:40
  • 今日も朝から雨の降りそうな曇り空でしたが、着いた時には薄日が差してきて、最初は2匹、その後別の2匹がやって来て、今日も計4匹観る事が出来ました。今日の画像の個体は昨日の物と違いま...

    2017/10/14 15:53
  • 今日も雨の降りそうな曇り空でしたが、朝10時過ぎに着いた時には2匹確認出来ました。その2匹を撮影していると、別の2匹がやって来て、今日も計4匹観る事が出来ました。内一匹は翅の模様...

    2017/10/13 18:51
  • 薄淡紫色の「ヒメヤブラン」の花。先端に一つだけ咲いていました。 画像では大きく見えますが、この開いた状態で直径7mm位の小さな花です。黄色いのは雄しべで直立しているのが雌しべ。細長い...

    2017/10/13 18:48
  • 今日は曇り空でしたが、朝10時過ぎに着いた時には2匹確認出来ました。画像の奥にも1匹見えています。その2匹を撮影していると、別の2匹がやって来ましたが、フジバカマの花には留まらず...

    2017/10/12 17:59
  • 「十月桜」が9月の終わり頃から咲き始めています。普通の桜の狂い咲きではありません。エドヒガシとマメザクラの種間雑種で園芸品種ですが、白い花びらは透明感があり、八重咲きで直径は1.5~...

    2017/10/12 17:55
  • 今日も、朝10時頃偵察に行ってきました。着いた時には3匹確認出来ました。朝早く来た人の話では6匹いたそうです。お昼前後はまだ気温も高く、蜜を吸っては近くの林の中で休んでいるようで...

    2017/10/11 18:04
  • 里山に自生している、常緑低木の「ナワシログミ」の花。 「花」と書きましたが、花びらのように見える部分は「萼(ガク)」だそうで、その径は6~7mm程です。雄しべ4本と、長く伸びた雌しべ...

    2017/10/11 18:03
  • 今日、朝10時頃着いた時には5匹確認出来ました。 ピンクのフジバカマもあるのですが、どうも白いフジバカマの蜜が美味しいのか、白いフジバカマの方で吸蜜する個体が多いようです。 アサギ...

    2017/10/10 18:43
  • これは10月4日の画像です。中秋の名月の日でした。お昼前に行ったのですが、アサギマダラには逢えず、ブルーのラインが綺麗な「アオスジアゲハ」がフジバカマの花にやって来ました。普段は...

    2017/10/10 18:42
  • アサギマダラを撮っていると、「イシガケチョウ」がやって来ました。このイシガケチョウ、2時間程この辺りで移動もせず蜜を吸い続けていました。時々翅を閉じたりすることもありますが、どち...

    2017/10/09 21:32
  • 今日は午前と午後、偵察に行ってきました。着いた時にはすでに6匹確認出来ましたが、少し前に来ていた人の話によると、1匹がカマキリの餌食になっていたそうです。午後から行った時にも1匹...

    2017/10/09 18:32
  • アサギマダラを撮りに行って帰ろうとした時に、すぐ近くのフジバカマの花に「イチモンジセセリ」が留まったので撮ってみました。ぬいぐるみのような可愛い顔をしています。蛾のように見えます...

    2017/10/08 17:06
  • 今日は10時頃から偵察に行ってきました。着いた時は2匹確認出来ましたが、その内一匹もいなくなり、暫く日陰で舞っていると2匹3匹とフジバカマの花に寄ってきて、すぐには花に留まらず、3...

    2017/10/08 17:01
  • 10月3日に撮って以来、天候が余り良くなく撮れませんでした。昨日6日は夕方4時頃、1匹がフジバカマの周りを舞っているのは見ましたが、花に留まらず撮影はできませんでした。今日は曇り...

    2017/10/07 17:45
  • 緑色型のメスと褐色型のオスの「トノサマバッタ」。下がメスで上に乗っかっているのがオスです。トノサマバッタのオンブなんて初めて見ました。「オンブバッタ」という名前のバッタは別にいま...

    2017/10/06 17:45
  • まだ蕾も出そろっていないのに、直径約2mmの小さな花を咲かせていた「イヌタデ」。穂の部分の長さはまだ3cm程です。ピンクの花びらのように見える部分は花被と呼ばれ、普通の花の顎にあた...

    2017/10/06 17:43
  • 逆光で花びらの裏側から撮ってみました。赤いストライプの柄が綺麗に見えています。 これは花びらの表側の模様が逆光で透けて見えている訳では無く、下の画像で分かる様に表側は白無地で、赤い...

    2017/10/05 18:00
  • 淡い黄色の花を着けた「アキノノゲシ」が咲き始めています。画像の花はアキノノゲシにしては大きく、直径は3cm程ありました。この花の営業時間は意外と短く、夕方2時か3時頃には萎んでし...

    2017/10/05 17:58
  • 花が葉の下に下向きに咲いているので、道端に咲いていても余り目立たず気が付きにくい花です。花の直径は2cm程で、長く下に伸びているのは仮雄蕊と言うそうで、本当の雄蕊はその基部にある...

    2017/10/04 18:29
  • 昨日は雨だったので、雨の上がった今日午前中、フジバカマの花の所に偵察に行ってきました。着いた時には居なかったのですが、その内一匹また一匹と2匹観る事が出来ました。アップで撮ろうと...

    2017/10/03 18:06
  • 薄紅紫色をした可愛いらしい「イヌコウジュ」の花が咲いていました。一つの花は2~3mm程の小さな花です。同じ道を歩いていても、一生懸命ウォーキングをしている人やジョギングをしている人...

    2017/10/03 18:03
  • チヂミザサの花を撮ってみました。小さな花なので、撮ってみないとカメラがどこにピントを合わせてくれるか分かりません^^;。これも違うタイプの「ひっつき虫」らしく、他のひっつき虫のよ...

    2017/10/02 18:26
  • 季節に応じて長距離移動する珍しい蝶「アサギマダラ」に、今年も出会えました。わずか一匹(動物学的には1頭)でしたが、昨年、ここに初めて来てくれたのは10月8日でした。今年は1週間も早...

    2017/10/01 18:35
  • 成虫になった「ツチイナゴ」を見かけるようになりました。背中に1本の白い筋が入っています。目の下に、涙が流れたような筋があるのは幼虫の頃から変わっていません。体の色が、幼虫の頃は緑の...

    2017/09/30 18:01
  • 台風の後、茎が倒れたままになっていましたが、頑張って花を咲かせていた「アレチヌスビトハギ」。北アメリカ原産の帰化植物で、花の大きさは画像のもので幅7mmくらいです。花後にできる豆...

    2017/09/29 18:20
  • 南北アメリカ原産の帰化植物で、花の直径が3.5cm程。葉の形がハート形をした小型のアサガオです。青い花が好きな、カラスアゲハやモンキアゲハ等の蝶が、よくホバリングをしながら蜜を吸って...

    2017/09/28 18:23
  • 北アメリカ原産の帰化植物で、直径2cm程の小さなアサガオです。赤い色は雄しべの葯。小さくても可愛い花です。でも、お昼頃には萎んでいるので午前中に行かないと撮れません。 ヒルガオ科 ...

    2017/09/27 18:15
  • 今年は例年よりも数多く咲いていた「センニンソウ」ですが、この頃はその種子が見られるようになりました。この長い髭のような部分を仙人の髭に準えて、「仙人草」と名前が付いたそうです。 全...

    2017/09/26 18:38
  • マメアサガオと形も大きさもよく似た花で、直径は2cm程。花の中心部が濃い紅色をしています。花に近寄れない場所だったので、ズームアップで撮りました。本来ならばもう少し花弁の縁がシャ...

    2017/09/25 18:24
  • 花被が開いた直後は、雄しべ雌しべ共にゼンマイのようにクルクルッと丸まっています。 これまでに撮った画像を見ていて気が付いたのですが、花びらのように見える花被の色と、雄蕊雌蕊の蕊の色...

    2017/09/24 18:37
  • 草を刈られた後、一斉に咲き始めた「タマスダレ」。彼岸花同様、毎年秋の彼岸前頃から咲き始めます。 今日のように曇り空だと半開き状態ですが、陽があたっていると、これでもかというくらい大...

    2017/09/23 16:37
  • ヒヨドリジョウゴの花は、花被片の基部に緑色の斑点があるのが特徴です。良く似た花で同じナス属のイヌホオズキにはありません。まだ緑色をしている果実は、熟すと透明感のある美味しそうな朱...

    2017/09/23 16:34
  • 台風が過ぎ去るのを待っていたかのように咲き始めました。 画像は、五分咲きの「ヒガンバナ」。まだ蕾のものが5~6個残っています。 別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)、他、雷花等1000個程...

    2017/09/22 18:58
  • 休む場所を探しているのか、同じ所を行ったり来たりしていたので、暫く様子を見ていたら意外に近くに留まってくれました。夕方のこの時間になるとこういう光景に良く出会います。後翅内側先端...

    2017/09/22 18:56
  • スズメウリの花を見つけました。一年草だからか毎年違う場所で見かけます。 この花の大きさは径7~8mmくらいで、スプリングのような巻きひげを近くの植物に絡めながら伸びています。この近...

    2017/09/21 18:47
  • 山側の法面補強のコンクリートの壁の一部に水が染み出ている所があって、その辺りを行ったり来たりしている「アオスジアゲハ」がいたので、暫く様子を見ていると、コンクリートの壁に留まり水...

    2017/09/20 17:35
  • 草本のハギ、「ネコハギ」が昨年と同じ所で咲いていました。小さく可愛い花で、茎や葉に猫のように細い毛が多いので、ネコハギと名前が付いたそうです。。茎は地面を這うように伸びています。...

    2017/09/19 17:53
  • 淡い紫色の小さな小さな花の「キツネノマゴ」が咲いていました。花の大きさは、長さ4mm程。毎年こうして写真を撮っているから名前を知っているけど、一般的には知名度は低いと思う。 キツ...

    2017/09/18 17:29
  • 初めて見る昆虫に出会いました。「アオメアブ」と言うそうです。 体長は2.5cmくらいで、まるでサングラスを掛けた蝿の親分のようです。複眼が日光の反射具合で緑色や金色に見えたりします。...

    2017/09/17 17:45
  • コセンダングサの上に居た、全長2cm程の小さな「ツチイナゴの幼虫」です。 背中の羽根がやっと生えてきた頃で、これから徐々に伸びて来ます。 目の下に、涙が流れたような筋があるのが特徴で...

    2017/09/16 14:28
  • ショウリョウバッタには、緑色型と他に褐色型がいますが、これは緑色型のメスです。メスの方が大きく、画像のもので7cm以上はあったと思います。日本では一番大きなバッタです。 別名:キ...

    2017/09/15 17:20
  • これは昨日撮ったものですが、高さ10cmくらいの芽が顔を出していました。今日見たら、15cm程に伸びていました。例年なら花が咲き始めるのが9月15日頃ですが、この様子だと3~4日...

    2017/09/14 18:35
  • ヨモギの葉の上で休憩中の「キマダラセセリ」。 アニメキャラのような黒い大きな瞳を持つ愛らしい蝶です。大きさは2~2.5cmくらいで、見かけによらず結構俊敏な飛び方をします。 セセリチョ...

    2017/09/13 17:54
  • 一月前程に撮ったのとはまた別の所で咲いていました。ここは条件が良いのか草丈も80cm程あり、画像の穂の部分が20cmくらいありました。花は下から順番に咲いていくようです。花の径は...

    2017/09/12 18:07
  • 白い花びらのように見える部分は・・・、実は「萼(がく)」だそうです。 1本の雌しべと、5本のカラフルな雄しべが真っ直ぐに伸びています。萼が開いた直後は、雄しべ雌しべ共にゼンマイのよ...

    2017/09/11 18:07
  • フジバカマの葉の上で休憩中の「ベニシジミ」。 前翅のオレンジ色と後翅の赤が鮮やかで、遠くからでも良く分かります。後翅の尾状突起のような部分がこんなに出ているのは初めて見ました。 シ...

    2017/09/10 17:47
  • つる性落葉低木「ノブドウ」の花です。同じブドウ科のヤブガラシの花によく似ています。ヤブガラシの雄しべは4本ですが、このノブドウは5本ですね。葉の切れ込みが深い「キレハノブドウ」も...

    2017/09/09 17:29
  • アレチハナガサの花で吸蜜中のメスの「ヤマトシジミ」。 頭から翅の先まで1.5cmほどの小さな蝶です。この頃たくさん見かけるようになりました。この辺りは、お彼岸が近くなると草刈りされる...

    2017/09/08 18:53
  • 近くに居たウスバキトンボに影響されたのか、体を垂直にして留まっていた「オオシオカラトンボの♂(雄)」。君はオオシオカラトンボだぞ!ウスバキトンボじゃないよ。 トンボ目 トンボ科 ※...

    2017/09/07 17:51
  • ヒナタイノコズチの葉を捕食中の「オンブバッタ」のメスです。体長は4cmくらいありました。自分の身体の長さと同じくらいの葉を囓っています。随分大食漢なんですね。 バッタ目 オンブバッ...

    2017/09/06 18:27
  • 今年は「センニンソウ」の当たり年なのか、木の上から垂れ下がるように伸びて来ているものや、地面を這うように伸びているものなど、あちらこちらで見かけます。 4枚の白い花びらのように見え...

    2017/09/05 18:10
  • アレチハナガサで吸蜜中のメスの「ヤマトシジミ」(上)の所にオスの「ヤマトシジミ」(下)がやって来ました。 どちらも頭から翅の先まで1.5cmほどの小さな蝶です。この後どうなるか見てい...

    2017/09/04 18:35
  • 咲き始めたフジバカマの花に「ナミハナムグリ」が食事に来ていました。花の中に顔を突っ込んで、蜜や花粉を食べる姿から、花潜(はなもぐり)となったそうですが、モグリが何故ムグリになるの...

    2017/09/03 17:55
  • 大きな(長さ6cm程)セスジスズメの幼虫が、先端の白い尻尾を前後にピコピコ動かしながら歩いている?姿に写真を撮るのも忘れて、暫く見とれていました。左が頭で右がお尻です。色や大きさ...

    2017/09/02 18:01
  • 蔓性多年草「ヘクソカズラ」の果実です。直径は6~7mmはあり、堅そうな艶のある緑色の表面は、元々「萼」だった部分です。中には種が2つ入っています。この色はこれから秋・冬にかけて茶...

    2017/09/01 18:20
  • 百日草の葉に留まっていた「イチモンジセセリ」。2匹仲良く並んでいました。蛾のように見えますが、蝶の仲間で、大きさは2~2.5cmくらい。後翅の斑紋が一列に並んでいます。 セセリチョウ...

    2017/08/31 18:23
  • いつものお気に入りの枯れ枝に、やはりぶら下がるように留まっていた「ウスバキトンボ」。翅の透明感はこのトンボならではのものです。身体の色と尾状突起の長さから、メスだと勝手に判断しま...

    2017/08/30 18:41
  • 突然足元に飛んできた「トノサマバッタ」。あまり大きくなく、4cmくらいだったのでオスかもしれません。緑色型で見事な保護色になっています。 別名:ダイミョウバッタ(大名飛蝗) バッ...

    2017/08/29 18:46
  • 連日35度前後の猛暑日の中、黄色い「ノゲシ」の花が咲いていました。花の大きさは2cmくらい。今頃咲いていたら熱中症になるぞと思っていたら、1時間半後の2時40分頃にはもう閉じてい...

    2017/08/28 17:56
  • 直径は7~8mmの小さな花で、外側の舌状花と内側の筒状花からなる「キク科」の植物。キク科ですが、綿毛はできません。後にボケて写っているのが果実(痩果)です。 余り馴染みの無い花です...

    2017/08/27 17:54
  • 「ウラギンシジミ」の葉隠れの術です。 相変わらず目で追うのも大変なくらい俊敏な動きをする「ウラギンシジミ」。急に消えたように見える時がありますが、そんな時は消えた辺りの葉の裏を探し...

    2017/08/26 17:15
  • 普段は地味なエンジ色をしている「野村カエデ」ですが、この時期、葉の色が紅葉ならぬ緑葉します。 (モミジとは、園芸上の分類で、植物学上ではカエデだそうです。) カエデ科 カエデ属 ※...

    2017/08/25 18:04
  • 何年かぶりに「キンミズヒキ」が咲いているのを見つけました。草丈は30cm程で、花の径は大きいので1cmくらいです。花後は、種子の周りに萼の部分が棘状に変化した「ひっつき虫」になり...

    2017/08/24 18:04
  • アレチハナガサの花に留まっていた「オオチャバネセセリ」。(かな?) イチモンジセセリは、後翅の斑紋が斜めに一列に並んでいて、一つ一つの斑紋が菱形のように角がありますが、この画像のセ...

    2017/08/23 18:13
  • 「臭木」という名前ですが、良い香りがするのでアゲハチョウ科の蝶だけでなく、人までも思わず立ち止まらせてしまいます。何故「臭木」?。葉が臭いという事らしいのですが、揉んだり踏みつぶ...

    2017/08/22 18:27
  • 「シオカラトンボ」の♂(オス)。成熟すると、ここまで全身が白い粉を吹いたように白くなります。 この頃のように暑い日が続くと、遊んでくれるのはこのシオカラトンボくらいです。 トンボ目...

    2017/08/21 18:22
  • 何かの蔓にぶら下がるように留まっていた「ウスバキトンボ」。この時は風があって、蔓ごとユラユラと揺れていて、止まった瞬間を待って何度もシャッターを押しました。 北へ北へと長距離の渡り...

    2017/08/20 16:44
  • 体長6~7mm程の「ニジュウヤホシテントウ」。体全体が短毛で覆われていて、黒い斑紋が28個あるかどうか数えたことはありませんが、それ以上はありそうです。よく見かける赤い「ナナホシテン...

    2017/08/19 17:12
  • 暑い日が続く中、元気に咲いている一年生草本の「ママコノシリヌグイ」。鮮やかな薄紅色の花が、緑の中でよく目立っています。画像の開いている花は、中でも大きくて、7~8mmはありました。 ...

    2017/08/18 18:56
  • アオツヅラフジの花が咲いていました。いつもなら6月頃から咲き始めるのですが、今年はどうしたんでしょう?。雌雄異株で、画像の花は雄花。大きさは3mm程です。雌花は1つの花から6個の青...

    2017/08/17 18:19
  • これも例年より10日程早く咲いていた「ツユクサ」。午後には萎んでしまうので見つけた時に撮っておかないと。花は一日花で、花びらは、コバルトブルーの2枚と、中央下に見える先の尖った白...

    2017/08/16 18:51
  • マルバツユクサがもう咲いていました。例年より10日程早いですね。花は、普通のツユクサよりも小さくて、葉は普通のツユクサよりも幅が広く、縁が波打っています。小さな青い花びらが丸く、...

    2017/08/15 17:51
  • 「シオカラトンボ」の水色のオスは毎日のように見かけるのですが、メスは久し振りに見たような気がします。翅の表面が虹色に反射して綺麗だったので、撮ってみましたが、イマイチでした。 ト...

    2017/08/14 18:02
  • 桜の木の樹皮に口吻を突き刺してエネルギーを補給中の「アブラゼミ」。鳴いているセミは近づくと逃げますが、樹液を吸っている時はあまり逃げません。 カメムシ目 セミ科 アブラゼミ属 ※画...

    2017/08/13 17:01
  • クサギの花が咲き始めています。名前は「臭木」と付いていますが、花は雄しべ雌しべが長く繊細な容姿で、近くに来ると良い香りが漂ってきます。この花には、カラスアゲハやモンキアゲハなどの...

    2017/08/12 17:46
  • 藤の蔓に留まった「コシアキトンボ」のメス。大きな特徴である、肝心な腰の部分が逆光で真っ黒ですが、翅の先端が褐色を帯び、後翅の付け根に黒色斑があります。このシルエットだけで解れば、...

    2017/08/11 17:53
  • 薄青緑色のラインが綺麗なよく見かける蝶ですが、目で追うのも大変なくらい素早い動きで、一カ所に留まる事の無い撮影し難い蝶の一つです。画像は、飛び疲れたのかシダの葉で休憩中の「アオス...

    2017/08/10 18:34
  • 台風5号の過ぎ去った後、「タカサゴユリ」が一斉に咲き始めました。昨年にも況して一層数が増えている気がします。画像はそれより以前に撮ったものですが、雄しべの黄色が鮮やかだったのでア...

    2017/08/09 18:49
  • コンクリートの色に良く似た迷彩色のバッタが居ました。全長25mmくらいの小さなバッタです。コンクリートが陽に灼けているはずなんだけど、熱くないのかな? バッタ目 バッタ科 ※画像はク...

    2017/08/08 18:00
  • 6月に出会った場所に近い所でまた逢えた「アオイトトンボ」の♀。何処かから飛んできてここに留まりました。この辺りは夕方の曇り空だとかなり暗いので、ここに最初から留まっていたら気が付...

    2017/08/07 18:18
  • 飛び疲れたのか、休む所を探すかのようにこの辺りをうろうろしていた「ナミアゲハ」。暫く様子を見ていると、やっとこの笹の葉に留まりました。夏型になると、翅の表側は黒い面積が多くなるの...

    2017/08/06 17:43
  • 足元に留まったまだ未成熟の「シオカラトンボ」の♂(オス)。 撮影しようと追いかければ逃げますが、見つけたらしゃがんでじっとしていれば、向こうから近寄って来てくれます。オスは成長する...

    2017/08/05 17:37
  • 枝が直立せず、横に広がった形の「イヌビワ」の木。この赤い実が葉の上に出ている木が多いのに、この実は葉の下に下向きに生っています。実がまだ緑の時は「花嚢」といい、花の状態で、赤く熟...

    2017/08/04 18:14
  • 白い「センニンソウ」が綺麗に咲き始めています。4枚の白い花びらのように見える部分は顎片で、全草にプロトアネモニンと呼ばれる有毒成分を含む毒草(葉や茎に触るとかぶれる)ですが、薬効...

    2017/08/03 18:48
  • 昨年咲いていた所とほぼ同じ場所で咲いていた「ハゼラン」。花の大きさは6~8mm程で、名前に「蘭」と付いていますが、ラン科ではなく、ハゼラン科です。昼過ぎの3時頃から咲き始めるので...

    2017/08/02 18:44
  • シナアブラギリの大きな実の上に、変わった色をした昆虫がいました。背中はオレンジ色、お腹はピンク色で黒い斑点模様が入っています。調べてみると、「オオキンカメムシ」というカメムシの仲...

    2017/08/01 18:55
  • いつもの路で、昨年までは見かけなかった「ウバユリ」が咲いていました。3~4m下の崖下の斜面だったので、近くまで行こうと降りていきましたが、足場が悪く真っ直ぐに立つのもやっとの状態...

    2017/07/31 18:31
  • 淡いピンク色のユリのような花の中に、小さな虫が・・・。どうやら「ヒメナガメ」のようです。居心地が良さそうですね。このユリのような花ですが、これを撮っている時は名前も解らず、誰かが...

    2017/07/30 19:01
  • ここ最近の暑さの所為か、あまり見かけなくなった「ベニシジミ」。暑い昼間は木の葉の影で休んでいるのかな? シジミチョウ科 ベニシジミ属 ※画像はクリックで拡大します。 ・モデル名:Ni...

    2017/07/29 16:11

カテゴリー