Top

ブログネタ

デジカメで季節の花や風景等を・・・vol.3

投稿数:685エントリー

デジカメで撮った、その季節を感じる花や風景などを共感しましょう。

みんなの投稿

  • 今年の3月下旬に咲いていた「コバノミツバツツジ」が、今頃蕾を着けていました。少し前まで小春日和の陽気が続いたので、勘違いして咲こうとしたのかな? ツツジ科 ツツジ属 ※画像はクリッ...

    2018/11/19 17:26
  • アサギマダラの見納めとなった日に訪れていた「ムラサキシジミ」。どこがムラサキ?と思いますよね。翅の裏側の模様は画像の様な色ですが、翅を開くと鮮やかな青紫色の模様が見えます。しかし...

    2018/11/18 18:08
  • 春にも咲いていた「ハタケニラ」。狂い咲きなのか、春と秋の2度咲き種なのか私には分かりません。図鑑によると、花期は5~6月。名前にニラと付いていてもニラの仲間では無く、葉の形や、花...

    2018/11/17 17:14
  • いつもの路から少し奥に入った陽の当たらない処なので、側まで行ってもうそろそろかなと葉を捲ってみると、直径4mm程の綺麗な紫色の実を着けていた「ヤブムラサキ」。毛が密生した萼が実の下...

    2018/11/16 16:48
  • 11月初旬、天智天皇由来の不老長寿の実、「ムベ」の実が赤く色づいていました。 ムベの葉は、幼木のときは3枚、成長するに従って5枚、実が生る頃には7枚になるので、「七五三の縁起木」とも...

    2018/11/15 16:54
  • フジバカマの花には色々な蝶がやって来ますが、この「ツマグロヒョウモン」もその内の一つです。しかもオス。その他には、アカタテハ、セセリチョウ、イシガケチョウ等、先日はムラサキシジミ...

    2018/11/14 15:54
  • 少し前に「シロバナサクラタデ」としてアップしましたが、サクラタデの白花種を「シロバナハナサクラタデ」と言うそうで、どちらか分からなくなりました(^^;)。花は雄しべが8本、雌しべは3裂...

    2018/11/13 16:32
  • ほとんどのアサギマダラはもう南下を終えて、奄美大島や喜界島などへ集まっているようです。画像はまだアサギマダラが観られていた頃の「アカタテハ」。この直ぐ横にフジバカマが植えられてい...

    2018/11/12 17:16
  • この辺りを右に左に飛び回っていた「ツマグロヒョウモン」の♂。 こちらが近づくと逃げられるので、じっとして目で追っていると、近くのコセンダングサに留まったので数枚撮る事ができましたが...

    2018/11/11 17:06
  • 一つだけ残っていた「ノブドウ」の実。宇宙の何処かにある惑星のようにも見えます。つる性落葉低木で、実は熟すに従って色が変化していきます。葉の切れ込みが深い「キレハノブドウ」も「ノブ...

    2018/11/10 16:16
  • この路では初めて見る「オオオナモミ」。多数の棘(とげ)のある果実がひっつき虫で、子供の頃は学校に行く時にポケットに入れて持って行き、友達の背中にくっつけたりよくいたずらをしたもの...

    2018/11/09 17:20
  • 今日、午前中は天気も良く暖かかったので遅いアサギマダラが見られるかもと、フジバカマの花のところに寄って見ましたが、アサギマダラは居ず「キタテハ」が1匹いました。この翅は傷ついてい...

    2018/11/08 16:29
  • 今満開の「コウヤボウキ」の花。カールしたリボンの様な花びらが可愛い花です。直径は2cm程の大きさです。少しでも風があるとユラユラ揺れるので、風が止むまで辛抱です。冠毛の色が白系と...

    2018/11/07 16:48
  • 一昨年からこの一画だけに咲き始めた「ヤマハッカ」。最初は1本だったのが今年は5本に増えています。草丈は30cm程で、陽が差している時は薄紫色が鮮やかに冴え、日陰になると目立たず、...

    2018/11/06 16:23
  • 「フヨウカタバミ」が咲く季節になりました。このフヨウカタバミは、天気が良くても陽当たりが良くないと開かないし、曇ってきたり、午後3時も過ぎると閉じてしまいます。花の大きさは直径5c...

    2018/11/05 17:33
  • 春のような陽気の中、直径約4cmのセイヨウタンポポ(西洋蒲公英)が咲いていました。萼の部分を確認すると、総苞片が反り返っていて、日本在来のタンポポと比べると、花びらのように見える...

    2018/11/05 17:19
  • 今日は10時前に着いてフジバカマの所に行って見ると、1匹のアサギマダラが吸蜜中でした。昨日と同じで警戒しているのか余り近付くと飛び立ってしまいます。落ち着いて撮らせてくれません。で...

    2018/11/04 15:32
  • 今日はお昼前に見に行ってきました。着いて直ぐ1匹のアサギマダラに遇えました。この頃は一日於きに1匹という割合で、渡りの時季ももう終わりに近付いているようです。今日で見納めかなと思い...

    2018/11/03 18:39
  • 今日はアサギマダラには遇えませんでした。 フジバカマを植えてある端っこに、この「ヒメツルソバ」の小さな群生が出来ています。小さなツブツブの花が集まって、直径1~1.5cm程の球状になっ...

    2018/11/02 16:35
  • 今日は午後から所持雑用を済ませていつものフジバカマの所に行って来ました。着いてからフジバカマの花の近くを探しながら歩いていると、足元から1匹のアサギマダラが飛び立ち驚きました。全...

    2018/11/01 16:59
  • 今日午前中僅かな時間でしたが寄り道をして、フジバカマの所に行って見ましたがアサギマダラには遇えませんでした。 画像は、先日アサギマダラを見に行った時に、近くで黄色い花を着けていた「...

    2018/10/31 15:31
  • 昨日の楽観的希望を抱いて11時頃行ってみました。着いて直ぐと言って良いくらいどこからともなく1匹のアサギマダラが現れましたが、暫く花の上を舞っていただけで花には留まらずまた何処か...

    2018/10/30 17:51
  • 今日は午後から見に行ってきました。フジバカマの所にはアカタテハが1匹蜜を吸っていたり、ツマグロヒョウモンが飛んでいましたが、アサギマダラはいませんでした。裏の林の方で話し声が聞こ...

    2018/10/29 17:58
  • いつもの路で、野生化しているオキザリス・レグネリー(緑の舞)の白い花がいくつか咲いていて、逆三角形の緑の葉の中で清楚な白が一層際立っていました。 園芸品種では、オキザリス・トリアング...

    2018/10/29 17:54
  • 今日も残念ながらアサギマダラに遇えませんでした。ただ、大師堂の中にある「アサギマダラノート」には10時頃に1匹確認とのこと。アカタテハは2匹仲良くフジバカマの蜜を吸っていました。...

    2018/10/28 17:54
  • 今日は残念ながらアサギマダラに遇えませんでした。朝から西風が強く、何処かの木の枝にしがみついて待機しているのだろうと、都合の良いように解釈しております。 画像は、「コウヤボウキ」が...

    2018/10/27 18:18
  • 今日も昼前に見に行きましたが、アカタテハが1匹蜜を吸っていただけでアサギマダラはいませんでした。暫くすると1匹が現れてフジバカマの花の上を舞っていました。やはり落ち着きがありませ...

    2018/10/26 17:04
  • フジバカマの花で吸蜜中の「アカタテハ」。天気が良いとフジバカマの花には色々な蝶がやって来ます。このアカタテハ、翅を広げると9cmくらいはありました。最初にフジバカマの花に来た時に...

    2018/10/26 17:00
  • 今日お昼前に見に行くと、2匹が舞っていました。やはり落ち着きがありません。以前なら近づけた距離でも、こちらが少しでも動くと周りを舞い始めます。それはそれで優雅な飛び方を見られてい...

    2018/10/25 22:09
  • 今日は午前中4匹が舞っていました。その中の1匹にマーキングされたアサギマダラを発見!。文字がはっきりと見えるアングルになるまで粘って撮りました。 「マルヌマ リノ 831 8.25...

    2018/10/17 18:19
  • 今朝は曇っていましたが、いつものようにアサギマダラの偵察に行ってきました。着いてみると6匹が乱舞していました。今日のアサギマダラは落ち着きがなく、蜜を吸っている時間よりもフジバカ...

    2018/10/16 18:38
  • 昨日は遇えずじまいだったので、今日は午前と午後覗きに行ってきました。午前中は1時間程待って1匹、待っている間に何人もの方が見に来られ、残念ながら遇えずに帰られました。午後からは着...

    2018/10/15 17:38
  • 秋から冬にかけて花が咲き、春にも花を着ける「十月桜」が9月の終わり頃から咲き始めています。白い花びらは透明感があり、一重に見えますが八重咲きで直径は1.5~2cm程。エドヒガシとマメ...

    2018/10/14 17:28
  • 今日のアサギマダラは、フジバカマ園に着いた時に飛んでいた1匹のみでした。撮る間もなく何処かに行ってしまいました。画像は、以前に撮っていた百日草の花で吸蜜中の「ツマグロヒョウモン」...

    2018/10/14 17:24
  • 今日は朝から青空が見える絶好のアサギマダラ日和。11時前に着くと、2匹のアサギマダラが舞っていました。いつもなら6~7匹いてもいいような最高のお天気なのですが、今年は飛来が遅れて...

    2018/10/13 18:51
  • 昨日は雨、一昨日は午後からでしたが遇えず、今日は3日振りに「アサギマダラ」に遇えました。ささやかなフジバカマ園に3時頃着いた時はいませんでしたが、蜘蛛の巣を取ったり、カマキリが居...

    2018/10/12 18:20
  • アサギマダラがやって来る前に「イシガケチョウ」が姿を見せてくれました。毒を持っているフジバカマの蜜を吸える何種類かの蝶の中の1つです。普段は高い木の上の方で素早く飛んでいる蝶です...

    2018/10/11 18:14
  • アサギマダラがまだ来ないかなとフジバカマの花を見に行くと、可愛い「イチモンジセセリ」が留まっていました。蛾のように見えますが、蝶の仲間です。大きさは2~2.5cmくらい。小さくても動...

    2018/10/10 16:58
  • 昨日は、飛んでいる姿は見ることが出来ましたが、フジバカマの花には留まらず撮れませんでした。今日、仕事の手を休め11時頃覗きに行ってきました。最初はフジバカマの花の所には居ませんでし...

    2018/10/09 18:12
  • ほんの少し色づき始めた「ミツバアケビの実」。いつもの路の頭上にぶら下がっていました。もう少し実が熟すと外皮がサツマイモのような色になり、パカッと口を開けると食べ頃なんですが、残念...

    2018/10/09 18:04
  • 里山に自生している、常緑低木の「ナワシログミ」の花が咲き始めています。 「花」と書きましたが、花びらのように見える部分は「萼(ガク)」だそうで、開いたその径は6~7mm程です。雄しべ...

    2018/10/09 18:00
  • 今日も午後からアサギマダラを見に行ってきましたが、着いた時に近くを飛んでいるのを確認しましたが、それ以降フジバカマの花には来ませんでした。気温が28℃近くあったので涼しい林の中に...

    2018/10/08 17:41
  • 季節に応じて長距離移動する珍しい蝶「アサギマダラ」。 やっと今日、小さな私設フジバカマ園にやって来ました。私が着いたときには3匹確認できました。中部、北陸地方からいくつもの台風をや...

    2018/10/07 18:30
  • 葉の下に花が下向きに咲いているので、普通に歩いていても葉に隠れて花は見えません。画像の花の直径は2cm程で、長く下に伸びているのは仮雄蕊と言うそうで、本当の雄蕊はその基部にある縮...

    2018/10/06 17:16
  • 野菊と呼ばれる中の一つで、白に近い薄紫色の「ヨメナ」の花。大きさは、直径2cmくらい。 春の若い葉は食用にもなり、薬効もあるようです。詳しくはコチラに載っています。 キク科 シオン...

    2018/10/05 17:04
  • レモンイエローの色が鮮やな「コマツヨイグサ」。地面を這うように伸びた茎の先が30cm程立ち上がり、まだお昼前だというのにもう花を咲かせていました。普通、夕方から開花するので、待宵...

    2018/10/04 17:58
  • クリーム色というか、淡い黄色の花を着けた「アキノノゲシ」が咲き始めています。画像の花の直径は、約2cmです。この花の営業時間は意外と短く、夕方2時頃には萎んでしまいます。 キク科 ...

    2018/10/03 18:09
  • チヂミザサの花が路の端々で目立つようになりました。小さな花なので、撮ってみないとカメラのオートフォーカスがどこにピントを合わせてくれるか分かりません。 ^^;。これも違うタイプの「...

    2018/10/02 17:49
  • 雨水の染み出している所で一生懸命吸水していた「ウラギンシジミ」。これは、吸水しながらミネラルやイオンを吸収して余分な水分を排出する行為、「ポンピング」という行動です。翅を少し開い...

    2018/10/01 18:11
  • 暑い頃、白い繊細な花を咲かせていた「クサギ」の果実です。紺色の部分が果実で、赤紫色の花びらのように見えるのは萼です。萼は果実が熟すと開くそうです。 シソ科 クサギ属(現在はクマツヅ...

    2018/09/30 18:01
  • アレチヌスビトハギを撮った後、車に乗ると、「サトキマダラヒカゲ」がフロントガラスに!。そのまま走り出しても逃げ出さずしがみついたままなので、ゆっくりといつも散策をする為に車を留め...

    2018/09/30 17:59
  • 薄紅色の花が満開の「アレチヌスビトハギ」。夕方4時過ぎに、もう一度撮り直そうと行って見たらもう殆どの花が閉じていました。まだ明るい時間だったのに意外と早く閉じる花です。 花後にでき...

    2018/09/29 17:17
  • 薄紅紫色をした一つの花は3mm程の小さな花なので、てっきり「イヌコウジュ(犬香需)」だと思っていましたが、葉の形からするとどうやら「ヒメジソ(姫紫蘇)」のようです。 シソ科 イヌコウ...

    2018/09/28 18:54
  • コセンダングサに白い舌状花が付いたセンダングサの仲間、「コシロノセンダングサ」です。コセンダングサ(小栴檀草)の変種とされていて、どちらも北米原産の帰化植物で、花が終わると種がひ...

    2018/09/27 18:21
  • なんとも小さくて可愛い薄紫色のマメ科の花を見付けました。いつも歩いている路では初めて見る花です。調べてみると、「ツルマメ」という1年草のつる性植物で、ダイズ(大豆)の原種だそうです...

    2018/09/26 17:58
  • アサギマダラの為に育てているフジバカマの中から「シロバナサクラタデ」が頭を出して花を着け始めていました。葉を見ると、春から夏にかけてフジバカマの周りの草を抜くときに、何か知らなか...

    2018/09/25 18:46
  • ヤエザクラの木に何か赤い物が見えたので、よく見ると花が咲いていました。狂い咲きでしょうか? バラ科 サクラ属 ※画像はクリックで拡大します。 ・機種:Nikon 1 J5 ・撮影日時:2018/09...

    2018/09/25 18:42
  • 草藪を経た3m程先に「キクイモ」の花が顔を出していました。花の大きさは7~8cmくらいで、鮮やかな黄色です。もう少し近くで撮りたいのですが、マムシがいるかも知れないので迂闊に草藪...

    2018/09/24 17:51
  • ツル性の多年草。星形をした花の径は1cm程の小さな花で、細かい毛が密生しています。ガガイモという名前が付いていても、根茎に芋が出来るわけで無く、「ガガ」は、スッポンの事で、葉の形...

    2018/09/24 17:47
  • つる性の多年生植物ということで昨年と同じ場所で育っていました。この「ヒヨドリジョウゴ」の花は、反り返った花被片の基部に緑色の斑点があるのが特徴です。良く似た花で同じナス属のイヌホ...

    2018/09/23 16:58
  • 画像のスタイルは、休んでいるのでは無く、上空のテリトリーを見張っている姿で、何かが飛んでくるとスクランブル発進をして追い散らし、また元の位置に戻って来ます。この蝶も撮りにくい蝶の...

    2018/09/23 16:54
  • 昨年とはまた違うところで崖上から垂れている「スズメウリ」の花と緑の実を見つけました。一年草だからか毎年違う場所で見かけます。この花の大きさは径7~8mmくらいで、雄花。固定電話の...

    2018/09/22 17:08
  • マメアサガオと形も大きさもよく似た花で、この「ホシアサガオ」もお昼前にはもう萎んでしまいます。花の中心部が濃い紅色をしていて、葯は白色です。花の径は2cm程。 南アメリカ原産の帰...

    2018/09/21 18:01
  • 5~6mmの小さな花を着けだした「ボントクタデ」。上品で可憐な花が、先端に近いところから咲き始めています。湿地を好む1年草とよく書かれていますが、ここはどちらかといえば雨頼みの乾燥...

    2018/09/20 17:54
  • お彼岸が近くなって、一斉に咲き始めた「タマスダレ」。彼岸花同様、毎年秋の彼岸前頃から咲き始めます。日中、陽が当たるとこれでもかというくらい大きく開くのですが、曇り空だと余り開かず...

    2018/09/20 17:51
  • 花は、普通のツユクサよりも小さくて、小さな青い花びらが丸く、雄蕊雌蕊の軸も花弁と同じような青い色をしています。葉は普通のツユクサよりも幅が広く、縁が波打っています。この「マルバツ...

    2018/09/19 17:35
  • 今まで気が付かなかったのか、初めて見た「エノキグサ」。赤く見えているのが雄花で、その基部の丸い実のように見えるのが雌花だそうです。雄花の赤い部分は、もう少し穂のように伸びるようで...

    2018/09/19 17:33
  • フヨウやムクゲの花にもよく似た「ヤノネボンテンカ」の花。正面から見ると花びらは白無地のように見えますが、後から見ると、赤いストライプの柄が綺麗に見えるので、この花は、前から撮るよ...

    2018/09/18 18:09
  • アレチハナガサに留まり、もう閉じかかっている小さな花で吸蜜を始めたメスの「ヤマトシジミ」。1円玉に完全に隠れてしまう程の大きさだったので、羽化して間もない個体だと思います。 シジ...

    2018/09/17 17:22
  • 昨年と同じ所で今年も見られました。ただ、昨年は1本だったのが3本に増えていました。画像のもので草丈は70cm程あり、穂の部分が15cmくらいです。花の径は1cm程で花は下から順番...

    2018/09/17 17:19
  • 毎年彼岸の前になると咲く始める「ヒガンバナ」。昨日までまだ蕾だったのに、いつもの路でいくつか咲いていました。 別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華) ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 ※画像は...

    2018/09/16 17:54
  • 草丈僅か15cm程の「イヌコウジュ」の花を見つけました。薄紫色をした小さな可愛いらしい花です。一つの花は3mm程でした。小雨の後だったので、雨の雫が付いています。 入浴剤としての利用...

    2018/09/15 17:41
  • 青い睡蓮が咲いているというので、大体の場所を聞いて行ってきました。曇り空で夕方4時も回っていたのに、まだ少し開いていました。外は薄い青で中は明るいオレンジ色でした。ここは『モネの...

    2018/09/14 17:43
  • これも午後には萎んでしまう「マルバルコウ」。朱赤色の小さな花で、直径は1.5cm。昨年は見かけなかったのに、一昨年とはまた全然違うところで咲いていました。 江戸時代末期に観賞用として...

    2018/09/13 18:10
  • 直径2cm程の小さなアサガオ「マメアサガオ」が咲いていました。小さくてとても可愛い花です。中の赤い色は雄しべの葯。お昼頃には萎んでいるので午前中でないと撮れません。 北アメリカ原産...

    2018/09/12 17:42
  • 花びらのように見える花被が開いた直後は、雄しべ雌しべ共にゼンマイのようにクルクルッと丸まっています。このオシロイバナ、雄蕊雌蕊の蕊の色が花被の色に応じて比例しています。つまり、赤...

    2018/09/11 18:14
  • 酷暑も終わり台風も通り過ぎ暑さも一段落した頃、白いカタバミ「オキザリス・レグネリー」が一輪咲いていました。三角形の大きな斑入りの葉が特徴で、いつもの路ではこのような園芸品種のよう...

    2018/09/10 18:03
  • 7月に撮ったのとはまた違う場所で「ヒメヤブラン」の花を見つけました。画像だと大きく見えますが、この開いた状態で直径7mm位の小さな花です。黄色いのは雄しべで、薄紫色の直立しているの...

    2018/09/09 17:03
  • いつもの路で久し振りに見付けた「ヤハズソウ」。赤いストライプの入った小さな花が1つ咲いていました。3mm程の小さな花なので、うまくピントが合ってくれるかどうか心配でしたが、数枚の...

    2018/09/08 16:55
  • モトタカサブロウの花を撮っていた時、メスの「ヤマトシジミ」が直ぐ近くの花に留まりました。頭から翅の先まで1.5cmほどの小さな蝶です。花の上で時計回りに回転しながら吸蜜していました。...

    2018/09/07 17:39
  • 昨年生えていた所には全く見られず、少し離れた所に小規模ながら群生していました。花の径は約7mmで、外側の舌状花と内側の筒状花からなる「キク科」の植物です。キク科の花ですが、綿毛は...

    2018/09/06 17:50
  • 咲いている場所によって中心部の赤の色が様々な「ヘクソカズラ」の花。これはイチゴジャムを詰めたような明るい赤でした。 「屁糞蔓」という名前は、誰が付けたという訳では無く万葉の頃からこ...

    2018/09/05 17:48
  • 径約3mm程の小さな花を着けだした「カエデドコロ」。色は黄色というよりオレンジ色です。雌雄異株で、画像の花は雄花。ツル性の多年草で、木や他の植物に巻き付いて成長し、画像のカエデドコロ...

    2018/09/04 18:06
  • 昨年咲いていたところのネコハギはまだ蕾も着いて無く、まだかまだかと見守っていましたが、全く違う場所で咲いていたこの「ネコハギ」を見つけました。花の長さは7mm程で中央に紅紫色の斑...

    2018/09/03 17:41
  • アサギマダラを呼ぶ為に植えているフジバカマの横に、昨年のこぼれ種から生えてきた「フウセンカズラ」の蔓が伸び、白い小さな花と紙風船のような果実を着けています。花の大きさは7~8mm...

    2018/09/02 17:20
  • 少し羽ばたいてはス~っと滑空するように飛ぶ「コミスジ」。留まったところを撮ろうとしゃがんでじっと待っていると、自分のシャツやズボンに留まる事があります。これは別に蝶に好かれている...

    2018/09/01 17:12
  • このバッタは、いつも上からか横からぐらいしか見ないので、このアングルで見る事は余り無く、この画像だけではオンブバッタかショウリョウバッタか分かりません。多分、オンブバッタだと思い...

    2018/08/31 17:55
  • 淡い紫色の小さな花「キツネノマゴ」が咲き始めていました。花の大きさは、3~4mm程。平安時代の、薬草に関する書物『本草和名』にも載っている程、古くから知られている野草のようです。 ...

    2018/08/30 17:38
  • 2018年8月26日最高気温37.4度昼前、スーパーの日曜市に買い物へ。夏らしい入道雲が見えた。あまりの暑さに、午後は家から一歩も出ず。疲れがたまっていたので昼寝

  • 咲き始めたキツネノマゴで吸蜜中の「キマダラセセリ」。大きさは2~2.5cmくらいですが、体の大きさの割には大きな黒い瞳を持つ愛らしい蝶です。でも、その見かけによらず結構俊敏な飛び方を...

    2018/08/29 17:56
  • 先日撮ったのと同じイチモンジセセリかなと思っていましたが、後で画像を見てみると「チャバネセセリ」でした。このセセリチョウの仲間は、翅の白い斑紋を見ないと何セセリか分かりません。暑...

    2018/08/28 18:22
  • 大きなクヌギの木の高い枝の上で何か動いていたので、確認の為、双眼鏡代わりに望遠で撮ってみたら「ルリタテハ」でした。木の樹液を吸っていたみたいです。瑠璃(ルリ)色は翅の表側だけかと...

    2018/08/27 18:36
  • 久し振りにその姿を見た様な気がする「イチモンジセセリ」。ママコノシリヌグイの蜜を求め、花から花へ忙しそうに渡っていました。ぬいぐるみのような可愛い顔をしています。蛾のように見えま...

    2018/08/26 18:11
  • 撮ってくれと言わんばかりに近くの枯れ枝に留まっては飛び立ちを繰り返していたので撮ってあげました。撮っている間はじっとしています。たまに飛び立ってもまた同じ所に戻って来ます。何枚か...

    2018/08/25 17:49
  • 茎が地面から立ち上がり、その先に小さな白い花の様なものを着けています。「花の様なもの」と書きましたが、オオニシキソウで調べていると、ややこしい花らしいです。実のように見えているの...

    2018/08/24 17:47
  • オスの「ショウジョウトンボ」は全身真っ赤ですが、画像は、未成熟の「ショウジョウトンボ」のメス。体長は4cmくらい。大人になってもメスは意外と地味な色をしています。実はこのトンボを...

    2018/08/23 17:22
  • 昼間は暑くて蝶もあまり見かけません。オレンジ色に見える蝶が少し離れた所を右に左に飛んでいたので、暫く見ていると3m程先のコセンダングサの葉に留まりました。ここでやっと「キタテハ」...

    2018/08/22 18:38
  • この暑さで咲くのが遅れていた「ツユクサ」がやっと咲き始めました。しかも今年始めて見付けたツユクサは、1つの苞葉で2つの花が咲いている双子のツユクサ。これはかなり珍しいと思います。花...

    2018/08/21 18:28
  • いつもの路で初めて出会った、花の径2cm程の「ハルシャギク」。これも、排水溝のコンクリートと道路のアスファルトの隙間から生えていました。どこから種が運ばれてきたのだろうか? 北米西...

    2018/08/20 18:07
  • 蔓性多年草「ヘクソカズラ」の果実が出来始めています。緑から茶褐色に変化してきた実は、直径は6~7mm。中には種が2つ入っていて、堅そうな艶のある表面は、元々「萼」だった部分です。 ...

    2018/08/19 17:56

カテゴリー