Top

ブログネタ

カードローンの種類、クレジットカードその2

投稿数:85エントリー

日本で発行されるクレジットカードは、ショッピングと キャッシングやローンに大きくわけられています。 クレジットカードの発行を行う企業には、様々な 種類があり、銀行が母体の銀行系、信販会社母体の 信販系、流通会社が母体の流通系が上位3業種でした。 80年代からは石油系や交通系、1999年からは 消費者金融系、など新たな業種がクレジットカード 業界に参入を始めました。 ■銀行系クレジットカード 銀行と銀行持株会社のグループ会社が発行した クレジットカードが、銀行系クレジットカードと 呼ばれます。 主な銀行系クレジットカードには、現在のメガバンク が中心となり設立したJCB、三井住友カード、 DCカード、UFJニコス、ユーシーカード(UC)と 外資系のシティカードジャパン、通称アメックス のAmerican Express Internationalなどがあります。 上記以外の銀行系の多くは、JCB、DC、UFJ、UCと 提携しているか、三井住友を中心とするVJAに加盟して クレジットカードを発行しています。変わったところ では、、りそなカードはセゾンと、中央三井カードは 信販系のセントラルファイナンスとも提携するなど 銀行系以外との提携も行われているようです。 セゾンは銀行系との提携に積極的で、2006年10月に 静岡銀行と提携し、お互いに出資して新たな会社設立を 計画しているほどです。 こういったグループ会社が発行しているクレジットカードとは 別に、銀行本体が発行しているクレジットカードもあります。 スルガ銀行は、SURUGA VISAクレジットカードを発行 していますし、地銀が共同出資しているバンクカード サービスからは地銀各行が、「バンクカード」を発行して います。 ■信販系クレジットカード 社団法人全国信販協会の正会員である業者が発行している クレジットカードを信販系クレジットカードと呼びます。 ■流通系クレジットカード 百貨店やチェーンストアなどの流通会社のグループ会社が 流通系クレジットカードを発行しています。 グループ会社単体が発行しているクレジットカードのほかに、 信販系の業者と提携してクレジットカードを発行 しているところもあります。母体のスーパーや店舗での ポイントサービス、値引きサービスなどで優遇される ものが多くあり、店舗利用者を取り込むために各社とも マーケティングに力を入れています。 流通系クレジットカードはVISAなどの国際ブランドと 提携せずにハウスカードのみを発行しているところも 多いです(伊勢丹など)。 流通系でいわゆるゴールドカードにあたるものは 百貨店の外商カードです。一般的には年収1千万以上の 安定した職業についている人や、弁護士や医師などの 社会的地位が高く裕福な人に発行されます。

みんなの投稿

カテゴリー