Top

ブログネタ

ユウチューブのサービス

投稿数:1エントリー

◎ユウチューブのサービス ユウチューブが行っているサービスを見ていきたいと思います。サイトは英語表記ですが、誰でもが登録を行え、登録を行えば様々なサービスが簡単に使えるになります。 そんなユウチューブのサービスをご紹介します。 ○サイトは英語で構成されている。サービスはすべて無料で利用できる。随所でAjaxが用いられており、YouTubeを利用するにはJavaScriptを有効にする必要がある。動画閲覧だけなら登録は不要だが、稀に会員しか見られない動画もある。登録すると以下のサービスを利用できる。 容量100MB、10分までの動画ファイルを容易にアップロードし、公開できる。 動画を5段階で評価したり、動画やメンバーにコメントを付けられる。 動画をまとめたプレイリストを作成・公開する機能、お気に入り機能がある。 特定のメンバー同士で動画を共有できる。 動画やコメントなどにUser Nameが表示されるため、ソーシャル・ネットワーキング・サービスにも分類される。アップロードできるのは動画ファイルのみで、音声ファイルなどはアップロードできない。 2006年4月21日時点で4000万の動画があり、日に3万5千の動画がアップロードされていることがプレスリリースで発表された。利便性から世界的に人気があり、Google VideoやAsk ビデオなど似たサービスは他にもあるが、動画の数はYouTubeが圧倒的に多く、同系統のサイトでは最大規模になっている(ただし、最近は下記のとおり規制が厳しくなってきたのでユーザーが離れつつある。いずれYouTubeに嫌気をさし他のサービスに殆どのユーザーが移行するケースも考えられなくも無い)。ほかにも動画に対するタグ(動画を分類するキーワード。メタデータの一種)を自由に付けられることや人気タグ一覧が表示されるタグクラウドの実装など、写真共有サイトFlickrの動画マルチ版ともいえる存在である。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 これがユウチューブの行っているサービスです。ユウチューブは1日に35,000もの動画がアップされていると言われており、大変な勢いでネット上にあらゆる動画が広がっています。 そのサービスは拡大していく一方ですが、その反面、各メディアから多くの問題を指摘されており、著作権の問題などからアップされた動画がまたすぐにユウチューブにより削除されるなど、多くの問題を抱えております。 誰でもが簡単に動画をアップできる状況になると、やはり様々な問題が出てきて、中には著作権違反のものまでありますのでユウチューブが今後どのような対応をみせるのかが注目されます。

みんなの投稿

カテゴリー