Top

ブログネタ

退職届けの書き方

投稿数:121エントリー

退職届けの書き方ですが、退職届けを提出する のは原則として退職日の2週間前までとなって います。 会社によって日付は異なりますので確認が必要 ですが、民法ではそのように定義されています。 しかし、早いに越したことはありません。1ヵ月 前、2ヵ月前に申し出ても良いでしょう。退職日 については上司と慎重に話し合いをして、引継ぎ のスケジュールを立ててから退職届けの書き方を 調べてください。 退職届けの書き方は、一般的には次のように なっています。 ●縦長、白地の封筒に入れる。 ●便箋は縦書きのものを使用。 ●封筒の裏に所属部署、氏名を記入。 ●書き出しは「私事」または「私儀」とし、 行の一番下に揃える。 ●退職理由は通常「一身上の都合」と記入。 ●退職日は上司との話し合いで決めた日付を記入。 本文の後、1行空けて退職届けを提出する日付 を記入してください。所属部署、氏名を宛名より 下の位置にして、捺印します。 宛名は通常、代表取締役名を記入します。この 場合敬称は「様」か「殿」です。 退職届け書き終わったら提出の前に、直属の 上司に書き方をチェックしてもらうと良いで しょう。 退職届けの書き方が悪いと、人事部から 調査が入ったりと、すんなり退職届けを受け取って もらえないこともあるので書き方には十分 注意するようにしてください。

みんなの投稿

カテゴリー