Top

ブログネタ

市原隼人の映画

投稿数:7エントリー

市原隼人は映画「リリイ・シュシュのすべて」 で2001年にデビュー以来、数々の映画に 出演しています。 その後はTRY、黄泉がえり、偶然にも最悪 な少年、陰陽師II、チェケラッチョと 立て続けに出演。 今年の10月からは、小西真奈美や沢尻 エリカと共演した「天使の卵」が公開され ました。そしてもう一本、「虹の女神  Rainbow」、こちらは上野樹里との共演ですが、 立て続けに主演映画が2本公開と絶好調の 市原隼人。 「虹の女神 Rainbow Song」 (監督熊澤尚人)は釜山市で開催された 釜山映画祭で高評価を受けたことがきっかけ で、韓国のMBCでドラマ化されることに もなりました。海外でも市原隼人の人気が 上昇していることは間違いなし、ですね。 「天使の卵」では、27歳の女性に恋をした 19歳の青年の役を市原隼人が演じています。 原作は直木賞作家・村山由佳の小説。 少年と青年の間の揺れ動く時期に、生涯忘 れえぬ恋をした歩太(市原隼人)の一途さと 不器用さが上手に表されていると評判です。 年上の女性・春妃を演じた小西真奈美も適役 といわれているこの映画。早くDVD化してほしい ですね!

みんなの投稿

カテゴリー