Top

ブログネタ

暗黒小説-不良人-

投稿数:0エントリー

<b>路頭を彷徨う野良犬のように 飼い主の都合で捨てられる その時が来たら 当然のように捨てられる だから、期待することをやめた 単調な仕事 感情を押し殺し、淡々とこなす 薄っぺらの人間関係 尻尾を振り、無難に付き合う その繰り返し やがて 吠えることを忘れた老犬の居場所は無くなった</b> 今、働き盛りの若者が将来への不安を抱え、働く意欲を失いかけている。 日本におけるフリーター(未婚若年アルバイト雇用者)数200万人。 さらに失業中、未婚派遣社員を入れると不安定雇用者数400万人。 日本の15年に及ぶ不況は政府が誤った経済政策をとり、バブル経済を生起させ、かつそれを急激にしぼませ、うまく景気を浮揚させることができなかったことによる。その結果、企業は自らの生き残りのため、労働者の解雇、新規採用の削減、正社員のパート・派遣社員へのシフトを行ってきた。 こういった雇用制度の変化が富めるものとそうでないものを二極化し、いわゆる格差社会を生んだ。そして、その最大の犠牲者が就職する年代になっても正規雇用が少なく不本意な就職を余儀なくされた20代後半~30代後半の世代の若者である。 格差社会の底辺で、この世代の非正規雇用者が経験する苦悩、将来への不安、そして、出口の無い暗闇の中でもがき苦しんだ末に生まれる感情。全てをあきらめた時、人はどう豹変するのか?精神の崩壊。自殺。犯罪。社会が疲弊してゆく様を描く。

みんなの投稿

カテゴリー