TOPブログネタ > 炭素税

ブログネタ

炭素税

環境省が2005年10月に公表した「環境税の具体案」によると、税率は炭素1tに対して2400円を想定。これをもとに計算すると電気の税率は1kWhあたり0.25円、ガソリンの税率は1リットルあたり1.52円となる。しかし、企業や一般消費者にとって増税になるため、景気との関係で導入時期などが問題になり、特に経済界からは環境税に反対する声が強くある。家庭の負担は、一世帯あたり年間約2,100円(月額約180円)と試算されている。税収は、全額を地球温暖化対策として、森林の整備・保全、自然エネルギー等普及促進、住宅・ビルの省エネ化などに用いる。また、一般財源として、地球温暖化対策を支援する税制優遇措置の財源にもあてるとしている。

みんなの投稿

  • 1