Top

ブログネタ

吉田都さんは世界最高峰のバレリーナのひとりです

投稿数:2エントリー

吉田 都(よしだ みやこ、1965年10月28日 - )さんは 東京都国立市の出身です。 9歳よりバレエを始められました。 1983年に、ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を 受賞され、英国ロイヤルバレエ・スクールに入学されました。 1984年サドラーズ・ウェルズ・バレエ団 (現在のバーミンガム・ロイヤル・バレエ団)入団されました。 1988年プリンシパルに昇格されました。 1995年、ロンドンのコヴェント・ガーデンにある王立歌劇場を 本拠地とするロイヤル・バレエ団に移籍され、現在に至っています。 確かなテクニックと音楽性、愛らしい容姿で、英国でも日本でも 抜群の人気をほこっておられます。 日本が生んだ世界最高峰のバレリーナのひとりと言えるでしょう。 当たり役は、マリウス・プティパ振付のチャイコフスキーの 3大バレエ(「眠りの森の美女」、「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」)を はじめ、「ジゼル」、フレデリック・アシュトン振付の「シンデレラ」、 「ドン・キホーテ」、ド・ヴァロア振付「コッペリア」、 ケネス・マクミラン振付「ロミオとジュリエット」など 少女役・妖精役を得意とされています。 数年前より日本での公演を希望されていて、2006年9月1日より 熊川哲也率いる熊川哲也Kバレエカンパニー(東 京都)に 移籍されています。 ロイヤルバレエ団ではゲストプリンシパルとして踊り続けると いうことです。 日本登場は11月公演の『二羽の鳩』、 12月公演の『くるみ割り人形』でした。 Kバレエカンパニーを選んだ理由として、吉田さんは 日本国で最多の公演数を誇る、古典中心でロイヤルバレエ団と 作品が似てなじみやすいという点を挙げておられます。 熊川哲也さん自身もロイヤルバレエ団の元プリンシパルであり、 二人は十数年来の友人でもあります。 2004年7月、ユネスコの平和芸術家に任命されました。 日本人ではバイオリニストの二村英仁に次いで2人目です。 2005年に日本人の遠藤貴氏と結婚されています。 2006年の第57回NHK紅白歌合戦で特別審査員10人の一人に 選ばれました。 2007年、 英国のダンス批評家、愛好家で構成される、 英国ダンス批評家賞National Dance Award Critic's Circleにより 最優秀女性ダンサー賞Richard Sherrington Award for Best Female Dancerを受賞されました。 2007年12月12日、英国の文化・メディア・スポーツ省は 大英帝国勲章を授与することを明らかにしました。 本当におめでとうございます。

みんなの投稿

カテゴリー