TOPブログネタ > デジカメで季節の花や風景等を・・・

ブログネタ

人気のブログネタ

デジカメで季節の花や風景等を・・・

デジカメで撮った、その季節を感じる花や風景などを共感しましょう。

みんなの投稿

  • キュウリグサ(胡瓜草) by P7100

    中心部が白く、まだ黄色くなっていませんが、キュウリグサです。 葉を揉むとキュウリの匂いがすることからこの名前が付いたとか。花は3mm程と小さく、実物よりもこうして画像で鑑賞する方が...

  • ミドリハコベ(緑繁縷) by P7100

    雌蕊が3つに分かれ、茎が緑色のハコベの花。この花の径は6mm程です。 1枚の花びらが2裂している為、花びらが10枚のように見えますが、5枚です。 春の七草の「はこべら」は、小型のハ...

  • アオモジ(青文字)の花 by P7100

    まだ全開ではありませんが、アオモジの花が咲き始めました。 丸い殻の様な蕾の中から5つの花が出てきます。 10日ほど前の蕾の時の様子。 別名:ソロバンノキ クスノキ科 ク...

  • シロハラ(白腹) by P7100

    何とも言えない面白い表情しているショットが撮れました。 昨年はジョウビタキ(♀)に何時行っても会えたのですが、今年はそのジョウビタキに出会える機会が少なく、代わりにこのシロハラに...

  • ナズナ(薺) by P7100

    高さ10cm程の小さなナズナを見つけました。花の大きさは3~4mmだったでしょうか、白い小さな花を咲かせていました。 春の七草の1つで、その薬効は・・・コチラ 別名:ペンペングサ...

  • ツクシ(土筆)発見! by P7100

    もうツクシ(土筆)が顔を出していました。今年は芽吹きの早い植物が多いような気がします。 左の画像の物で、高さは4cm程です。 土筆はスギナの胞子茎で、胞子を飛ばすことによってスギ...

  • ビンズイ(便追) by P7100

    里山の道を歩いていると、目の前の枯れ草の中から飛び立って近くの木の枝に留まったので、レンズを向けましたが、太い枝に隠れているので、そーっと姿が見える所まで移動して撮影。民家の近く...

  • オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) by P7100

    あちらこちらで小さな群生を見かける様になりました。 一日花なので、陽のあたる限り精一杯吸収しようと、小さな青いソーラーパネルを広げています。 別名:ルリカラクサ(瑠璃唐草) ヨ...

  • エナガ(柄長) by P7100

    いつも数羽の群れで木から木へと移動している途中に頭上にやってきて囀っているので、よく目にする事ができる野鳥です。たまにメジロも一緒に行動している時もあり、木の枝に逆さに留まったり...

  • 一足お先に梅まつり

    岡崎南公園のイベント 『南公園梅まつり』 が今週末から始まるが、今日少し早く行ってみた。梅林全体では3分咲きってところだけど、早咲きの寒紅梅や小梅は見頃だった。椅子に腰かけてお茶を飲んで...

  • キュウリグサ(胡瓜草) by P7100

    いつもなら3月中旬に咲き始める花ですが、今日たまたま咲いているのを見つけました。 中心部がまだ黄色くなっていませんが、この薄水色の花の直径は3mm程で、蕾がゼンマイのように巻いてい...

  • ホオジロ(頬白) by P7100

    「東京特許許可局」は、ホトギス(霍公鳥)の聞きなし。 このホオジロの聞きなしは、「一筆啓上仕候」(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)です。 実際聞いていても、「イッピツケイジ...

  • メジロ(目白) by P7100

    餌を啄んだり、花の蜜を吸ったりする時、様々な体勢を見せてくれるメジロですが、動きが俊敏な為、その瞬間をカメラに収めるにはとても難しい野鳥です。今回は枝から枝に移動している時に見せ...

  • ホトケノザ(仏の座) by P7100

    この花も、咲き始めると春を感じる花の一つです。秋に咲くこともありますが、これから咲くホトケノザは秋の花に比べて色が鮮やかです。 秋に咲いた時の様子は・・・・コチラです。 春の七草...

  • オオキバナカタバミ(大黄花酢漿草) by P7100

    1週間前にここにアップしたときより綺麗に開いてた「オオキバナカタバミ」。 右の画像は同じ花ですが、撮影時刻は15:19:41。3時過ぎには閉じてしまうんですね。 別名:オキザリス・セルヌ...

  • 安威川・小散歩

    東吹田検車場から、そのまま住宅地を抜けて、南下。

  • カンザクラ?(寒桜)の開花! by P7100

    毎年早く咲き始める桜の木ですが、今日、1本の枝の先に咲いている淡紅色の花を見つけました。まだ2月の中頃ですよ?ちょっと早い気もしますが、自然の営みを人の基準で測ってはいけませんね...

  • ウメ(梅)の花 by P7100

    梅の花ですが、この木は「小梅」の生る木だそうです。花を見ただけでは区別は付きませんね。 バラ科 サクラ属 ※画像はクリックで拡大します。 ・モデル名:Nikon COOLPIX P7100 ・...

  • ジョウビタキ(常鶲・尉鶲)♂ by P7100

    散歩中、ジョウビタキのオスが現れました。これで5m程の距離があり、一歩でも近づくとそれ以上の間合いを取られてしまいます。鳥を撮ったというより写っているという程度です。^^; ス...

  • メジロ(目白) by P7100

    林道の谷側の斜面でガサガサと音がしていたので、シロハラでもいるのかと音のする方を見ていたら、枯葉の中からメジロが出てきました。暫く見ていましたが、枯葉や草の中を潜航しながら移動し...

  • フヨウカタバミ(芙蓉片喰) by P7100

    先月に撮った時よりも色が濃くなってきたような気がします。 花びらは、しなやかで柔らかく、画像の花の大きさは大きいので5cm程です。 南アフリカ原産の帰化植物。 別名:オキザリス・...

  • シダレウメ(枝垂梅) by P7100

    野生化している、あまり手入れのされていない枝垂梅ですが、毎年八重の花を咲かせています。今はまだ三分咲きの状態で、満開になると後ろの景色が見えなくなるほど花を着けます。 バラ科 ...

  • オオキバナカタバミ(大黄花酢漿草) by P7100

    スッと立ち上がった茎の先に数個の蕾と共に黄色の大きな花(直径3cm程)が咲いていました。萼の先端にオレンジ色のアクセントがあり、ハート型の葉に濃い斑点があります。 南アフリカ原...

  • クサイチゴ(草苺)の花 by P7100

    また一つクサイチゴの花が咲いていました。まだ寒い頃に開くこの花は、3~4月に咲くのに比べて白い花びらが開ききらず、この状態が満開のようです。 全開の花や果実の様子は下記のタグ「ク...

  • ナナホシテントウ(七星天道虫)のお腹 by P7100

    ナナホシテントウがいたので、ファインダー越しにシャッターチャンスを待っていたら、お腹を見せてくれました。テントウ虫のお腹を見る機会はそうそうありません。この後、オレンジ色の殻をカ...

  • ヒヨドリ(鵯) by P7100

    栴檀の実を啄んでいた「ヒヨドリ」。いつもなら姿を見せるだけでも逃げられてしまう鳥ですが、暫くの間、この体勢で居てくれたので撮影できました。 全長25cmくらいはありそうな大きな野...

  • ジョウビタキ(常鶲・尉鶲)♂ by P7100

    今年のジョウビタキはメスよりもオスの方をよく見かけます。メスも居ることは居るのですが、昨年までの様にカメラに収めるところまで近づいてくれません。オスは、頭が灰色で、胸は赤褐色、羽...

  • フラサバソウ(ふらさば草) by P7100

    日当たりの良い斜面でフラサバソウが咲いていました。 咲いていると言っても、直径4~5mm程の小さな花なので、意識して見つけないと誰にも気づかれない花です。薄青紫色の綺麗な花なので...

  • ロウバイ(蝋梅) by P7100

    木陰から陽光が差し込み一つの灯りのように見えていた「蝋梅」。 こんなシャッターチャンスに巡り会うことは滅多にありません。 同じ木の別の枝に咲いていた蝋梅の花。 内側の花弁が赤...

  • メジロ(目白) by P7100

    必ず数匹の群れで行動しているメジロ。チョコチョコ動き回るのでシャッターチャンスの難しい鳥ですが、何とか撮れました。 地面の上で捕食していることもありますが、5m以内には近づけ...

  • シダレウメ(枝垂梅) by P7100

    白の枝垂梅。八重咲きです。枝の高い所にはいくつか開いているのもありましたが、 手の届く所にあった半開き状態のものを撮影。 バラ科 サクラ属 ※画像はクリックで拡大します。 ...

  • ウメ(梅)の花 by P7100

    この梅の木はまだ木が細く、毎年実が付いたところは見たことがありませんが、今年も開花し始めました。 何事も、時期が来なくては実が付かないと言う諺で、「桃・栗3年、柿8年、ビワは9年...

  • 九日月 by P7100

    散歩中、もう既に高い所に昇っていた九日月。 天体望遠鏡でこの角度は無理なので、手持ち撮影です。 錦織、残念でしたね。 ※画像はクリックで拡大します。 ・モデル名:Nikon COOLPI...

  • シロハラ(白腹) by P7100

    先日アップしたのと同じ所でまたガサガサと葉っぱをかき分けながら捕食中でした。 たぶんこの辺りをテリトリーにしている同じ個体だと思います。 黄色の目の縁取りが可愛いですね。 左...

  • フヨウカタバミ(芙蓉片喰) by P7100

    このフヨウカタバミ、好天気や気温等の条件が揃わないと開かないのか、やっと先日の暖かい日に、薄いピンクの花を咲かせているところに巡り会いました。画像の花の大きさは、やや小振りの4c...

  • オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) by P7100

    天気の良い暖かい日に小規模ながらあちこちに群生していました。もうこれ以上は無理っていうところまで精一杯開いています。 このコバルトブルーの小さな花は直径1cm程で、一日限りの一日...

  • フラサバソウ(ふらさば草) by P7100

    夕方だったのでもう花は閉じかけていましたが、フラサバソウを見つけました。 開くと直径4~5mm程の綺麗な薄青紫色の花ですが、この時は直径2~3mm程でした。 フラサバとは、フラン...

  • ヒメウズ(姫烏頭) by P7100

    まだ早いですがヒメウズが咲いていました。花弁のように見える部分は萼で、その径は7~8mm程の小さな花です。とはいっても花は終わり、もう果実が出来ようとしています。 姫烏頭の「烏頭...

  • シロハラ(白腹) by P7100

    冬鳥の仲間で、日本などで越冬する渡り鳥です。 枯葉の積もった斜面で、姿は見えないけれどカサカサと音を立てているのは大抵こいつです。 この時は、嘴で一生懸命葉っぱをかき分けながら捕...

  • ヤママユ(山繭) by P7100

    クヌギの木の細い枝に、薄緑色の繭がぶら下がっていました。 鶏の卵を細長くした様な形で、長さは6cm程の大きな繭です。枯葉をくっつけてカムフラージュしています。 調べてみると、「ヤ...

  • ウメ(紅梅)の花 by P7100

    紅梅の花が咲き始めています。これは八重咲きですね。 高い所に花を着けているので、7.1倍ズームでの撮影です。 バラ科 サクラ属 ※画像はクリックで拡大します。 ・モデル名:Niko...

  • オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) by P7100

    1週間程前から半開き状態のは見つけていましたが、やっと寒い日にもかかわらず開いているのを撮る事ができました。でも花びらを見るとまだ寒そうで、縮こまっているようにも見えます。 ヨ...

  • メジロ(目白) by P7100

    頭の所が葉の陰で黒くなって見えますが、「メジロ」です。 野茨の緑の中にいるので、ちょっと目を離すと何処にいるのか分からなくなってしまいます。 これでも姿がよく見えるところに出て来...

  • ムラサキカタバミ(紫酢漿草) by P7100

    このムラサキカタバミは普通4月頃から咲き始めるのですが、まだ咲いているというのか、もう咲き出したというのか、元気に咲いていました。 春の花色に比べると色が薄く、花びらの先が脱色し...

  • ヤマガラ(山雀) by P7100

    山雀は他の鳥と違って人慣れしているというか、逆に向こうから人を観察しに来るような感じで、意外と近くで見る事ができる野鳥の一つです。雄雌同じ色柄なので、外観からはどちらか判りません...

  • アオジ(青鵐)♀ by P7100

    ホオジロ科の「アオジ」がいました。見つけても、すぐにヤブの中に隠れて撮り難い鳥です。 青い色の鳥は、「瑠璃・・・」という名前が付いていますが、青く(緑でも)ないのにアオジ?どちら...

  • ウメ(白梅)の花 by P7100

    枝の高い所に小さな梅の花がいくつか咲いていました。近くに紅梅も咲いていましたが、高すぎるのと日陰になっていて撮れませんでした。梅の木は高い所から花を着けるようです。 バラ科 サ...

  • ウソ(鷽)♀ by P7100

    群れで行動しているのか合計8羽の「ウソ」の♂と♀が桜の新芽を啄んでいました。 画像の「ウソ」は首の部分が赤いのでメスですね。これから毎日この調子だと、桜の花が咲くのか心配になりま...

  • コマツヨイグサ(小待宵草) by P7100

    西日を浴びてこれから開く準備をしているのでしょうか。黄色が一層鮮やかでした。 夕方から開花するので、待宵草の仲間は月見草とも呼ばれています。 北米原産の帰化植物で、外来生物法では...

  • ヤマツツジ(山躑躅) by P7100

    2週間程前から蕾を見つけて気にはしていたのですが、年末から蕾が徐々にほころび始めて遂に咲いてしまいました。 春までには未だ未だ日があるというのに、何故今頃咲くのか解りません。 ...

  • ジャノヒゲ(蛇の髭) by P7100

    細い葉の隙間から青い物が見えたので、葉をかき分けてみると綺麗な群青色の種子が成っていました。一粒の大きさは7~8mm程。 花の時の様子は・・・・コチラです。 また、この根茎の部分は...

  • ソシンロウバイ(素心蝋梅) by P7100

    このソシンロウバイは、ロウバイの園芸品種でロウバイよりも黄色が濃く、中心部の花びらが紅紫色になりません。また、葉っぱが出る前に花が咲くので、花や蕾を付けた木全体が黄色く見え、他の...

  • 鎌倉の夕陽

    にほんブログ村 海・水写真

  • ナナホシテントウ(七星天道虫) by P7100

    人の目にもよく目立ちますが、外敵に対しては、警告色(危険な色模様)となっているようです。 植物にとってはアブラムシなどを食べてくれる益虫です。 そろそろ越冬の準備をしているところ...

  • フヨウカタバミ(芙蓉片喰) by P7100

    一月程前から何時通っても蕾の状態しか見られなかったフヨウカタバミですが、 先日の暖かい日に、薄いピンクの花が4つも開いていました。 花の大きさは4~5cm程です。 南アフリカ原...

  • ヒメジョオン(姫女苑) by P7100

    花期は5~10月とあるが、12月も終わろうかという頃にまだ咲いていました。 この頃は、早く咲く花や、まだ咲いているの?という花が有り、花の端境期のようです。 繁殖能力が強いので要...

  • クサイチゴ(草苺)の花 by P7100

    普通は3月に入って花を着けるクサイチゴの花ですが、1週間程前に小さな蕾を見つけました。 それから3日間は同じ形で、咲こうかどうしようか迷っているみたいでしたが、4日目(右上)に...

  • 新年あけましておめでとうございます

    旧年中はたいへんお世話になりました。 本年もどうぞよろしくお願いします。

  • 平成二十七年 乙未(きのと・ひつじ)

    謹んで新年のお祝辞を申し上げます。ここをご覧になった方のご多幸とご活躍を、心よりお祈り申し上げます。 乙未元旦  漱石 乙未(きのと・ひつじ)は、どんな御時世になるのか?・...

  • ホトケノザ(仏の座) by P7100

    12月中頃の冷え込みの後、暖かい日が続いたので勘違いして花を着けたのか? でも、この花の見頃は2~3月の寒い頃だから、季候とは関係は無いのかな。 春の七草の「ホトケノザ」とは、キ...

  • ディズニーシーのお花たち

    お正月とは関係ありませんが、冬なのに色とりどりの花に囲まれています。

  • アオモジ(青文字) by P7100

    何か実のようですが、これは花の蕾の殻です。 3月初旬から咲き始め、この殻が開くと中から5つの小さな花が出てきます。 花が咲いた後に新しい葉に入れ替わり、雌雄異株で、これは雌株。 樹...

  • ノゲシ(野芥子) by P7100

    最初は鬼野芥子かと思いましたが、よく見ると野芥子でした。 まだ新芽のような緑色をした葉が、蕾を優しく包んでいるようです。 花の大きさは2cm程。 今日、やっと年賀状を書き上げ(プ...

  • ノグルミ(野胡桃) by P7100

    種が飛んでしまった果穂で、木質化していて松ぼっくりのようです。 雌雄同株、雌雄異花の落葉高木。 クルミ科 ノグルミ属 ※画像はクリックで拡大します。 ・モデル名:Nikon COOLP...

  • ネズ(杜松) by P7100

    木は緻密で堅く、耐水性が強いので船具や建築材、道具の柄等々、利用価値の高い常緑針葉樹。この木の枝をネズミの通り道や出入り口に置いてねずみ避けにしたことから、ネズミサシとも呼ばれて...

  • サルトリイバラ(猿捕り茨)の実 by P7100

    今日は天気も良く、久し振りに里山の頂上まで細いツヅラ折れの道を頑張って登ってきました。 途中、このサルトリイバラの赤く熟した果実が目に付き撮影。一粒の大きさは8~9mm。茎の棘が...

  • フヨウカタバミ(芙蓉片喰) by P7100

    お昼前から曇ってきたので、咲いた後だったのでしょうか。前日は雨だったので咲いてないはずです。 まだ蕾が何個か見えているのでこれからも楽しみです。 南アフリカ原産の帰化植物。 別...

  • ノゲシ(野芥子) by P7100

    いつものウォーキングコースで今頃咲いているのはスイセンか、このノゲシくらいです。 天気さえ良ければ他にも何か見られると思うのですが。 寒さの中、この花の直径は1.5cm程。精一杯咲...

  • キク(菊) by P7100

    キク科キク属の花は種類も交雑種も多く、その名前を確定するのは難しいですね。葉の形を見ると、完全にキク属の葉の形です。近くには咲き終わったものと、葉だけのものが有り、何故こんな所に...

  • コウヤボウキ(高野箒)の冠毛 by P7100

    いつでも飛ぶ準備のできたコウヤボウキの冠毛。この冠毛の元に種子が付いて、タンポポの綿毛のような軽やかさはありませんが、風に乗って運ばれていくようです。 全部飛んで行って、萼...

  • ジャノヒゲ(蛇の髭) by P7100

    先日のとはまた別の場所にあった、緑から青に変わりつつあるジャノヒゲの種子。 これから寒くなるにつれ、徐々に群青色へと変化していきます。 花の時の様子はコチラです。 別名:リュウ...

  • マンリョウ(万両) by P7100

    先日のヤブコウジ(藪柑子)と同じ仲間の「マンリョウ」。 ヤブコウジの赤い実はすぐ鳥などに食べられてしまって無くなるのだが、このマンリョウの実はいつまでも残っている。何か違うのだろ...

  • タカサゴユリ(高砂百合) by P7100

    地面から30cm程の高さの所で咲いていた「タカサゴユリ」。 よく見ると、側溝のコンクリートとアスファルトの境から茎が出ています。球根はアスファルトの下にあるのでしょうか? 台湾原...

  • ゆりの花

  • ヤブコウジ(藪柑子) by P7100

    高さ10cm程の自生のヤブコウジに赤い実が付いていました。実の大きさは6mm程。 因みに 一両は、アカネ科 アリドオシ属(蟻通) 十両は、ヤブコウジ科 ヤブコウジ属(藪柑子)別名...

  • ツグミ(鶫) by P7100

    5~6m程離れた木の上に留まっていた「ツグミ」。一年ぶりですね。 冬になると北方から日本に渡ってくる渡り鳥です。7.1倍ズーム(200 mm相当)で撮影。 スズメ目 ツグミ科 ※画像は...

  • コウヤボウキ(高野箒)の冠毛 by P7100

    コウヤボウキの花には赤系と白系がありますが、画像は赤系のコウヤボウキの花後の姿。 毛のように見える冠毛に色が付いています。(この冠毛の元に種子が付いている。) もう少しすると、タ...

  • ツルウメモドキ(蔓梅擬) by P7100

    ツルウメモドキの実の殻が弾け、オレンジ色の種子が見えてきました。種子の直径は、7~8mm程。雌雄異株で、雌花は5月に撮影していました。花の時の様子はコチラです。 ニシキギ科 ツルウ...

  • 大文字山と高台寺

    あまりに京都が充実してて、毎日妄想してしまいますkaxですもう今から次の京都が楽しみです♪次は遅くても絶対サクラの季節その前に、紅葉の京都をご紹介します★まずは友人のリクエストで大文...

  • ムラサキカタバミ(紫酢漿草) by P7100

    先日もアップしたムラサキカタバミですが、真夏以外は春から冬にかけて咲くそうです。 黄色のカタバミも含め、寒さには強いのが多いですね。ただ、天気の良い日でないと開きません。曇りや雨...

  • ヘクソカズラ(屁糞蔓) by P7100

    ヘクソカズラの果実です。直径は5~6mm。「ヘクソカズラ」は俗名ですが、 正式な和名は「ヤイトバナ(灸花)」。花の時の様子はコチラです。 薬用植物としての効能もあります。・・・コ...

  • トベラ(扉) by P7100

    トベラの果実を見つけました。殻が3つに割れて、ネバネバした粘液が付着した赤い実が見えています。 春には花が咲いていたはずですが、いつも通っている所なのに全く気付きませんでした。 ...

  • ジャノヒゲ(蛇の髭) by P7100

    細い葉をかき分けないと見ることができませんが、ジャノヒゲの種子が色づいてきました。 これから寒くなるにつれ、この綺麗な緑から群青色へと変化していきます。 花の時の様子はコチラです...

  • 十四夜(待宵の月・小望月) by P7100

    下り坂にかかると正面に大きな月が。車を止めてフロントガラス越しに撮りました。 昇ってきたばかりの月で大きく見えたのですが、画像にするとそうでもないですね。^^; 遠くの山間部は雪...

  • ヤツデ(八手) by P7100

    白い小さな花が集まって一つの球状の花に見えています。名前は「八手」ですが、葉は5~9裂の奇数に裂けている事が多く8っに裂ける事は無いそうです。 また、この葉は生薬としても利用され...

  • フヨウカタバミ(芙蓉片喰) by P7100

    これからがシーズンの「フヨウカタバミ」が咲き始めました。しかし、天気の良い日でないと開きません。先日の暖かい日に撮ったものですが、花びらは薄いピンク、花の中心部と雄蕊が黄色で、直...

  • ノゲシ(野芥子) by P7100

    花の少ないこの時期に、黄色い花が遠くからでもよく目立ちます。 花の直径は2cm程。 別名:ハルノノゲシ(春の野芥子)、ケシアザミ(芥子薊) キク科 ノゲシ属 ※画像はクリッ...

  • 札幌ではなくケベックの雪祭り

    昨日の女子ランチ会はとっても素敵な時間になりました~★久々だったので、女子力の高い方々に良い刺激を受けました。kaxです久々の再会っていいですね~いつまでも変わらない仲間と変わらず楽...

  • スイセン(水仙) by P7100

    副花冠(中の盃のような部分)が白色のスイセンが咲いていました。 6枚の花びらのように見える花被片(かひへん)の内、外側(下)の3枚は萼(がく)で、内側の3枚が花弁だそうです。 ア...

  • ヒメナガメ(姫菜亀) by P7100

    テントウ虫くらいの大きさの虫がいたので、後で調べようと1枚だけ撮って於いたものです。 菜の花につくカメムシ(ナガメ)の小型版という意味の「ヒメナガメ」という名前で、アブラナ科植物...

  • 紅葉 by P7100

    今日は天気予報通りの曇り空です。画像は昨日撮ったものですが、紅葉の素材があっても太陽の光が無ければ鮮やかには撮れません。 赤いモミジは「イロハモミジ」ではなく、「野村モミジ」です...

  • 枯葉とマメアサガオ(豆朝顔) by P7100

    南向きの斜面に直径1.5cm程の小さなマメアサガオが咲いていました。 暖かい日が続くとは言え、随分遅い時期まで咲いているものですね。 北アメリカ原産の帰化植物。 別名:ヒメアサガ...

  • ムラサキカタバミ(紫酢漿草) by P7100

    春から夏にかけて咲く花ですが、今頃咲くのは??です。 やはり小春日和の暖かい日が続くと、勘違いして目を覚ますのでしょうか。 南アメリカ原産の帰化植物。 別名:キキョウカタバミ(桔...

  • ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) by P7100

    ヒヨドリジョウゴの赤い実を山側の斜面で見つけましたが余り近づけず、北に面している雑木林なのか明るさが足りません。ISO400で撮ってみたもののピンアマです。^^; 以前撮った画像を、下...

  • モントリオールでhappy new year

    三連休いかがおすごしでしたか??私は久々に充実したお休みとなりましたkaxです昨日はおな中仲間で岐阜県の曾木公園という場所に紅葉を見に行きました私の大好きな季節ですhttp://sogimomiji.s...

  • セイヨウタンポポ(西洋蒲公英) by P7100

    今頃タンポポが咲くの?と思いましたが、調べてみると晩秋にも咲くそうです。 総苞片(萼の部分)が反り返っているのを確認しました。 ヨーロッパ原産の帰化植物です。 キク科 タンポ...

  • 自転車もって行くな!! こっちは足わるいねん  お...

      銀行前で自転車を止めて両替をした。しかし 何が「悪かったのか?」 機械が故障した。警備の人や 行員さんが出てきて 復旧と金種あわせと 本人確認やらで30分ほど足止めちょっとむか...

  • 羊画像(写真)年賀状にお使いください

    来年の干支、未(ひつじ)の写真です。 昨日羊牧場で撮影しました。 羊が逃げて近づけず、画像がいまいちですが、 よろしければどうぞお持ち帰りになって 年賀状などにご自由にお使いください...

  • ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) by P7100

    まだ青いヒメツルソバの花。これから後ろの花の様にピンク色になっていきます。 直径は1cm位で、ポツリポツリと自生しています。 ヒマラヤ地方原産の帰化植物。 タデ科 イヌタデ属 ...