Top

ブログネタ

大学で「送り仮名」「句読点」「分数」の勉強、どう思う?

投稿数:84エントリー
公式ブログネタ

こんにちは!J-CAST会社ウォッチ編集部です。以前、首都圏のある大学のシラバス(講義情報)がネットで話題となりました。その内容が「正しい仮名づかいと送り仮名の練習」や「句読点・表記符号の使い方」「分数・少数の計算方法」など、中学校や高校で履修する内容だったことから、「何のために大学行くのか」「高卒のほうがマシだ」などと批判があがったのです。

これに対し、批判された大学の学長が「現実の学生と向き合い、学力の不足する大学生に対する補習教育に真正面から取り組む姿勢が本学の特色」と週刊誌に反論を掲載しています。

頑張れ!日本橋学館大学

このほか大学では「履修指導(時間割を作ってみよう)」「親睦球技大会(仲間と汗を流そう)」「学生生活マナー (授業の受け方、ノートの取り方)」といった授業もあるそうです。

確かに学生生活を送るうえで本当に大事なことは、なぜか学校では手取り足取り教えてくれないもの。そういう基礎をしっかり身につけておくと、社会に出てからもきっと役に立つことでしょう。さて、ここでお題です。

★大学で「送り仮名」「句読点」「分数」の勉強、どう思う?

甘やかしすぎなのか、それとも分からない人がいる現実を踏まえて丁寧に教えていくことが「教育」の役割なのか。みなさんのご意見をうかがえましたら幸いです。興味深い投稿については、弊社記事内で引用させてもらうことも考えています。

お題提供元:「J-CAST会社ウォッチ」

会社ウォッチロゴ

みんなの投稿

カテゴリー