TOPブログネタ > 社会人哲学塾 中岡成文 元大阪大学教授を中心に4月より大阪で月1,2回の開講 毎日新聞記事

ブログネタ

人気のブログネタ

社会人哲学塾 中岡成文 元大阪大学教授を中心に4月より大阪で月1,2回の開講 毎日新聞記事

「生きる意味」を求めて共に哲学をー社会人らが「哲学塾」。幅広い年代の社会人らが、大阪大を今春、定年退官する中岡成文教授(63)臨床哲学専攻=を中心とした「哲学塾」を4月から開こうと準備を進めている。塾の元となるのは中岡教授が約2年前から主宰している読書会。ヘーゲルの『精神現象学』を読み進める会だが、ただ読むだけではい。参加者は課題として読んだ部分に関連してを自分の体験などを発表する。発表者自身の「気づき」にもつないでいく。中岡教授は「社会人が忙しい中、読書会に参加するのは単に教養や知識を求めているのではなく、生存そのもの、生きる意味を求めていることを感じる。本当の意味で学びたいという人たちに応えようと、退官後も読書会を発展的に継続させることにした」と話す。哲学塾でも哲学書を読み込んでいく。「知的筋力」をつけるためだ。(中途省略)中岡成文教授は「参加者の人生、持ち味などから出発する哲学で、人と人が共感できる場をつくる。ただし救いの一言のようなものはない」と話す。月1,2回の開講予定。2014年3月29日 毎日新聞より抜粋引用。

みんなの投稿

  • 1