Top

ブログネタ

子供に対するコーチング

投稿数:4エントリー

子供に対する接し方として、愛情を与えること、目を見て会話すること、親身に話を聞くこと、しつけ、等、色々語られることがありますが、コーチングの視点から重要なのは、 子供のアイデアを、『受容すること』です。 子供は自分の考えが、『承認され、受け入れられるか』に大人より敏感です。 子供は大人に比べて知識と経験に乏しいものの、その知識・経験の中から判断をし、その正当性を大人に委ねます。 何処まで受容するかの線引きは難しいことですが、子供の話を聞く理由は、その線引きを明確にしてあげ、その範囲内を受容してあげる為です。 頭ごなしに単にしかったりするのは、百害あって一利無し。 まずは、受容することから始めましょう。

みんなの投稿

カテゴリー