TOPブログネタ > イタリア

ブログネタ

人気のブログネタ

イタリア

イタリアについて、いろいろ。

みんなの投稿

  • イタリアでの両替は損をする!

    今回は、ローマ在住のローマナビネットさんが両替について紹介してくださいました。日本での両替とイタリアに着いてからの両替、どちらがお得?日本の空港内銀行の両替の方がイタリアで両替する...

  • 電車はファーストクラスがおすすめ!@イタリア

    今回は、ローマ在住のローマナビネットさんがイタリアの鉄道を紹介してくださいました。(2013.8.9)夏本番のイタリア! 今週末から旅行される方も多いと思います。鉄道はバカンス,帰省する...

  • フェラガモ一族の贅沢な空間@イタリア

    今回は、イタリア在住のベルバッコさんから「イル・ボッロ」の邸宅を紹介していただきました。「トスカーナの贅沢な空間」と言えば、私達「イタリア情報 ペルバッコ」内のワイナリー訪問でよく...

  • アンドリアのジェラート屋@イタリア

    今回は、イタリア在住のベルバッコさんからプーリア州のアンドリアを紹介していただきました。アンドリア及び近郊の人達が「アンドリア一美味しいジェラート屋だ」とすすめてくれたのが、Bar Ob...

  • ソレントの路地にて

     ソレントの路地を歩く。冬とはいえソレントは南イタリアのリゾート地。建物も明るい色のものが多く、広場やメインストリートには華やいだ雰囲気もある。しかし、路地へ路地へと入って行くと...

  • 市場の準備

     冬の早朝である。ナポリ中央駅近くの市場では店の準備が始まっている。冷えた空気の中、市場独特の匂いが路地に漂っている。ナポリ港で揚がったであろう魚たちがトロ箱にのって行き交う。魚...

  • 犬に吠えられる

     もう何度吠えられたことか。犬に吠えられるのは路地探検家の宿命である。自宅前の散歩道でも吠えられる。昨日なんか、私の動きに合わせて庭の隅から隅まで犬が走り回りずっと吠え続けられた...

  • ボルジア家の要塞@イタリア

    今回は、ローマ在住のローマナビネットさんがボルジア家の要塞を紹介してくださいました。ボルジア家の要塞(Rocca dei Borgia)11世紀法王アレッサンドロ6世とヴァノッツァとの間でチェーザレと...

  • トゥルッリの朝

     冬のアルベロベッロ。朝、町はずれのホテルから踏切を渡り、畑の横を通り、とぼとぼと歩いてトゥルッリ(とんがり屋根の家)集落の中に入って行った時のワクワク感を覚えている。アルベロベ...

  • 冬の雨

     今朝は雨が降っている。冬の雨は暗く、なにか心細くさせる。こんな雨に日はオルヴィエートの街に行った時に事を思い出す。冬のイタリア、この日も雨だった。丘の上の小さな街。道もわからず...

  • シチリア島・パレルモ散策@イタリア

    今回は、イタリア在住のベルバッコさんからシチリア北西部の都市パレルモを紹介していただきました。Palermo(パレルモ) / 2012年11月10日(土) 南イタリア巡業4日目。 ローマからびゅーんと...

  • ベネチアが水没?

     ベネチアは11日、イタリア北東部で続いた大雨のため街の7割が浸水し、水位が海面から最高149センチまで上昇しているとのニュース。有名なサンマルコ広場を腰まで水に浸かりながら歩く人々の...

  • 人がいる風景4:イタリア

     ローマのサンタンジェロ橋の欄干には恋人たちが愛を誓う「南京錠」がたくさん付けられていた。サンタンジェロに限らずローマの各地にこういう場所があるらしい。ローマだけではない。これは...

  • 人のいる風景1:南イタリア

     旅先であまり人は撮らない方だと思うのだが、それでもときおりシャッターを押したくなる時がある。旅人にとってはどの旅先も輝きを放っているが、そこに暮らす人々にとってはいつもの日常が...

  • アマルフィでランチ!@イタリア

    今回は、ローマ在住のローマナビネットさんが「夏のアマルフィ」を紹介してくださいました。南のイタリアの夏は、海水客で溢れてます。 土日祝日は道路渋滞でほとんど進むことができない時もあ...

  • オルヴィエートはグルメな町@イタリア

    今回は、ローマ在住のローマナビネットさんがイタリアの町「オルヴィエート」を紹介してくださいました。ウンブリア地方はローマとフィレンツェに挟まれ観光客に馴染みが薄いですが食材の豊富な...

  • カプリ島での1時間@イタリア

    今回は、ローマ在住のローマナビネットさんがイタリアの「カプリ島」を紹介してくださいました。カプリ島にご滞在中のお客様をお迎えに行ってきました。ローマ・テルミニ駅07:35発/ナポリ中央駅...

  • 【伊太利亜紀行2012完結編】

    特急に乗り。。。

  • 【伊太利亜紀行2012その4】

    ミラノの中心。。。

  • イタリアで一番おいしい酒「グラッパ」@イタリア

    今回は、ローマ在住のローマナビネットさんがイタリアのお酒「グラッパ」を紹介してくださいました。私はイタリアのワイナリーを100軒近く廻ってますがある程度のレベルを超えると味にそれほど...

  • 夢見るアニバーサリー

    ようやく仕事のシュラバ・ラ・バンバを抜け、高飛びしていた間にこちらのブログ訪問者数(07.11~)累計11万を突破!ありがとうございます。こんな放置しがちなブログにも日々おいでいただけてい...

  • ナポリの街@イタリア

    今回は、ローマ在住のローマナビネットさんが「ナポリの街」を紹介してくださいました。ナポリをゆっくりと歩いたことはありません。いつも駆け足で用事だけパッと済まして帰ってしまいます。ナ...

  • キリストはどこ?

     イタリアではクリスマスにツリーを飾るのと同じ様に「プレゼピオ」を飾る習慣があるらしい。プレゼピオというのは人形を使ったジオラマで宗教シーンなんかをディスプレイするもの。この写真...

  • 聖き夜を

    マテーラ(イタリア)の洞窟住居には信仰厚い質素な暮らしがあった。 真の信仰者たちよ、 今宵、聖き夜を。 ↓↓明日はどこへ。応援クリックを今日もよろしくお願いします。 〈ヨコ旅メイ...

  • 街角のマリア

     イタリアの街を歩いていると気づくのだが、あちこちにマリア像を見つけるのだ。それは建物の角に掲げられた額縁の絵であったり、道端の祠に像を配置したものであったり、家の横の小さな棚に...

  • さみしい悪魔

     ローマのサンタンジェロ城横の広場でさみしそうに悪魔が座っていた。たまたま僕はこの城の前の橋で時間を過ごしていたのだが、彼の前に人々は集まらず前に置かれた缶にご祝儀は貯まっていな...

  • 気になる専門ショップ@イタリア

    今回は、ローマ在住のローマナビネットさんが「気になる専門ショップ」を紹介してくださいました。私が立ち寄るお気にいりショップをご案内。最近、ブランドショップよりも専門ショップのお問い...

  • 1枚の写真でわかること

     これは、イタリアはアルベロベッロの広場の一角にあったごく普通の小さな雑貨屋さん。どうってことはないけれどちょっと気になった店はとりあえず写真に撮っておくのが僕の習癖。で、この店...

  • 早朝の洗濯物

     ナポリの駅前を6時から7時に早朝散歩。石畳の道に市場の準備が始まっている。なにげなく上を見上げたら、さすがナポリ、洗濯物があちこちの窓にかかっている。ん??冬の早朝だぞ、今…?...

  • 小さなスケートリンク

     イタリアはカンパリア州にある世界遺産カゼルタ宮殿をため息ついて見学した後、ちょっとつまみ食いに宮殿の横から横町へ入ってみたら、小さなマーケットが開かれていた。イベントに合わせた...

  • とんがり屋根のアルベロベッロ  【イタリアガストロ...

    アルベロベッロはバーリからSUD-EST線で約1時間半行ったところにあります わたしたちはポリニャーノ・ア・マーレから貸切バスで行ったので、駅を見ることができませんでした...

  • レトロでキッチュなジェラート屋さん  【イタリアガ...

    ポリニャーノ・ア・マーレでは、街で一番有名なジェラート屋さんへ行きました。 きっと古くからある名店なんでしょう。 このレトロな雰囲気は、簡単に造り上げられるも...

  • ポリニャーノ・ア・マーレを歩く  【イタリアガスト...

    8時半にバスに乗り込み、まず向かったのがポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a mare)。 列車ならバーリから3駅ほどのところにある街です。 大型バスで、ホテルからあっと...

  • 夜と朝のはざ間 【イタリアガストロノミーツアー2011...

    明方早くに目が覚めてしまいました。 5時過ぎごろだったかもしれません。 そっとドアを開けてみると、目の前に広がるオリーブ畑の向こうがうっすらと明るくなってき...

  • 朝市(メルカート)活用法@イタリア

    今回は、「朝市(メルカート)活用法」がローマ在住ローマナビネットさんより届きました。観光でイタリアを訪れても朝市(メルカート)見学できる時間は無い?と諦めてません? 朝市は(月~土...

  • アランチーニ

     コロッケというのは食卓で食べるのも良いが、歩きながらちょっとつまむ方がおいしい気がする。イタリア(特に南イタリア)でもそうらしく、カフェテリアや露店などで見かけるおつまみスナッ...

  • 宮殿のシーソー

     ナポリ近郊のガゼルタ宮殿はとんでもなく豪奢な宮殿なのだが、宮殿内の幅60cmぐらいの小さな展示物に目が止まった。宮殿の施設としてあったものを説明する模型のようだが、よく見るとシーソ...

  • ローマ夏景色@イタリア

    今回は、「ローマ夏景色」がローマ在住ローマナビネットさんより届きました。イタリアは今週に入り暑さがぶり返してきました。最高気温は34度を超えてます。でも...昨年の47度よりずっと楽!自...

  • 8月のローマ@イタリア

    今回は、「8月のローマ」がローマ在住ローマナビネットさんより届きました。8月のローマのお話を少しこの写真からどんな音が聞えてきます? 8月に入ると2/3のイタリア人は長期バカンスで居な...

  • アルベロベッロの煙突飾り

     イタリアはアルベロベッロのユニークな形をしたトゥルッリの家並みには目を奪われるが、その間にニョキニョキと伸びる煙突の上を見ると不思議な飾りが付いていた。風見鶏のような装飾の付い...

  • 宮殿でキース・へリング

     古い宮殿などでモダンアート展を開催するというのは、ヨーロッパではよくみかける。流行りかもしれない。イタリアはナポリ郊外にある「カゼルタの宮殿」でキース・ヘリングの作品に巡り会う...

  • トスカーナ女二人旅 (21) リヴォワールでホットチョコレート ...

    雨が降っていたのでシニョーリア広場に面したリヴォワールでホットチョコレートを飲むことにしました 雨で外の席が使えないせいか、店内はお茶を飲もうと...

  • トスカーナ女二人旅 (20) ウッフィッツィ美術館で...

    ウッフィッツィ美術館の入り口は少し予習が必要だと思います。 まず、予約を取ってある場合は、シニョリーナ広場を背にして右手側にある3番窓口へ。 ...

  • イタリアン便器

     どんな人もトイレには行く。今も昔もあなたも私も。というわけでトイレのカテゴリーを作ろうかと思っているヨコ旅のトイレ紹介。前にイタリアの現在のトイレを紹介したが今日はイタリアでも...

  • イタリアの食料品店

     イタリアの街を歩いていて気にかかるのは食料品店である。ウインドウにディスプレイされたチーズやハム、その他得体の知れない瓶詰めや乾燥食品など、なんか実に興味をそそる。もっぱらお土...

  • イタリアトイレコレクション

     妙にトイレ写真も多いヨコ旅。また少しばかり各地のトイレの写真が貯まったので消化してゆこう。さて、今回はイタリアのトイレ。以前このブログでも触れたが「イタリアのトイレの水流しボタ...

  • オレンジ、オレンジ

     上の写真はイタリアはポンペイの遺跡入り口前のスタンド。オレンジまみれの店先である。しかし、南イタリアとはいえこうもオレンジやらレモンやら並べなくても、と思うのだが…。オレンジを...

  • イタリア遊具

     イタリア高速道路のサービスエリアの一角、フェンスに囲まれた遊具スペースの中にあった遊具である。子供がまたいで揺らして遊ぶバイクと車。特に変わったものではないが、そのフォルムとデ...

  • アマルフィを映像で散歩

     今日もゴールデンウィークの散歩をどうぞ。今日は南イタリアはサレルノ湾の断崖にあるアマルフィの町を歩く映像です。階段は狭くキツいので膝ががくがくしますが、登るとドームや海が眺めら...

  • ベスパの郷愁

     ローマはサンタンジェロ城前のテヴェレ川沿いに古本屋屋台が並んでいた。特に興味はなかったのだが、一角で古いLPレコードを売っていて、立ち止まった(下写真)。1枚5ユーロとある。LITTLE ...

  • ジェラッテリアの看板

     昨日のillyについでイタリアのどこに行っても見られるものにジェラッテリア(ジェラート屋)の看板がある。中世の面影を残す古い町並みにもジェラッテリアのネオンが光っている。ジェラッテ...

  • illyの香り

     赤い四角にillyの文字、イタリアの町でよく見かける絵柄である。イタリアのバールに入ってバリスタにカフェを頼むと、かなりの確率で口元がちょうどいい肉厚のこのロゴ入りカップが出てくる...

  • 原発の無い国

     どちらの写真もイタリアはガゼルタから東のアルベロベッロへ向かう途中にみた風景である。上は美しい緑が広がる牧草地に立つ農家の一軒家だが、よく見ると屋根の上に太陽光発電のソーラーパ...

  • 天使の持ち物

     サンタンジェロってセント・エンジェルってわけで聖天使という意味らしい。というわけで正面のサンタンジェロ橋の欄干には天使たちの彫刻が並んでいる。こういうのって、いかに美しいもので...

  • パルミエ

     イタリアはアマルフィのバールのショーケースで目に留まったもの、それがこれである(上写真)。どこかで見たことのある親しみのある形。そう「源氏パイ」だ。三立製菓の源氏パイ(下写真)...

  • どらーとちぃこのイタリア旅行記 第18話 6日目 トゥ...

    →イタリア旅行記 最初のページ(第1話)に戻る→イタリア旅行記 ひとつ前のページ(第17話)に戻るバーリ(Bari)から快適なFSE(Ferrovie Del Sud-Est)ラインに揺られること90分。トゥルリの...

  • イタリア笠松

     イタリアにいるなぁって感じを醸し出す物の中で重要なのがこの「イタリア笠松」である。ローマの街中でもいたるところにある。そのシルエットは日本の松から言うと少し違和感があって、なに...

  • スマートな駐車

     昨日に続いてイタリアで見かける車の話題。イタリアで小さい車と言えばFIATを思い浮べるが、都会でよく見かける車はこの「Smart」。ローマの町辺りではとにかく常に視界に入っているほど走っ...

  • ミツバチという名の働き者

     イタリアの田舎町や路地で小さなオート三輪をよく見かける。それは荷台に資材を積んだ労働者だったり、ピッツェリアのオシャレな配達係だったりするのだが、狭い道が多いイタリアでこまごま...

  • 覗く人

     ここはイタリアはアルベロベッロのポポロ広場。オジさんは何をしているのかというと、先ほどから広場の真ん中で行われている道路工事の様子を覗き見しているのだ。見ているといろんなオジさ...

  • 明るい日差し

     春がきた今日この頃。晴れた町は明るく、日差しに力がみなぎってきている。光が落とす影はコントラストを増し、くっきりとしたシルエットを描き出す。空は青く澄んで、まぶしい。空気はまだ...

  • イタリアから帰国

    さて、一ヶ月以上も続けてきてしまったヨコ旅イタリア特集を終えよう。イタリアで仕入れてきた食材で先月は我が家の食卓も正にイタリアン月間だったが、食材もだいぶ消化された。久しぶりに...

  • イタリアのお菓子・お土産

     我が家のイタリア土産は「続く」に載せた写真でわかるように、完璧に食材ばかりである(あ、ちょうどこの時期バーゲンセールだったのでカミさんがソレントのベネトンでバッグやらジャケット...

  • イタリアのクロワッサン

     イタリアの朝食と言えばどうもクロワッサンが定番らしい。今回の旅行では毎朝ホテルの朝食で食べた。それもたいがい3種類以上のクロワッサンが並んでいる。おいしいが、プレーンなクロワッ...

  • オルヴィエートからの帰り

     オルヴィエートの町にとばりが降り、降る雨が心細さを運んで来た。トラットリアで食事をした後、小さなスーパーに立ち寄ったり、バールでひとときを過ごしたが、そろそろ帰ろう。雨粒が流れ...

  • イタリアで食べたもの:その9

     オルヴィエートで探した店はネットで知ったトラットリア「La Palomba/パロンバ」という店だった(写真下左)。人に道を聞かないと見つからなかったかもしれない小さな店だが、中に入るとど...

  • オルヴィエートの幻影

     ミニバスの終点を降りた場所は広場の片隅だった。景色は塗り替えられていた。そこには巨大なドゥオーモ(大聖堂。写真下)がそびえており、その向こうに茶褐色の町並みが見えていた。美しく...

  • トスカーナ女二人旅   (18)ボルゴ最後の朝食そして...

    マニュエラさんの宿で最後の朝食を食べ、朝の光と田園の緑を満喫して車でシエナへ向かいました 千代さんは本日仕事が入っているとのことで、送ってくれたのはマニュエラさ...

  • トスカーナ女二人旅   (17)カーサ・マニュエラ最後...

    シエナは2泊の予定ですから、今晩でマニュエラさんの食事も最後です 簡単だけどおいしいイタリアンの代表のような食事でした。 まずはチーズと果物の盛り合わせ。 チーズ...

  • オルヴィエートへ電車の旅

     昨日紹介した切符を手に、丘の上の小さな町を目指して出発である。空港と同様、駅もまた旅情をかき立てる場所である。見知らぬ町へ行くことへの期待と不安が入り交じった面持ちで電車を待つ...

  • 電車、地下鉄の切符を買う

     さて、ローマから北へ120kmほど離れたオルヴィエート(オリヴィエート)へは電車で向かう。前日の夜にテルミニ駅(中央駅。写真最上左)構内の切符売り場(対面販売)に電車の往復切符を買...

  • どらーとちぃこのイタリア旅行記 第15話 5日目 洞窟...

    →イタリア旅行記 最初のページ(第1話)に戻る→イタリア旅行記 ひとつ前のページ(第14話)に戻るサッシ地区は複雑な迷路でした。この日宿泊するホテル「Locanda Di San Martino」は、サッシ...

  • トスカーナ女二人旅   (16)サンジミニャーノのENOT...

    千代さんはシエナでソムリエをしながらガイドをしている人ですから、ワインについてはプロです。 そこで千代さんとサンジミニャーノでENOTECAに寄り、送料がさほど高くなければワイン...

  • トスカーナ女二人旅   (15)サンジミニャーノ

    昼食後、千代さんと街の入口となる門で落ちあい、この街の中心となる「チステルナ広場」へ歩いて行きました。 広場の真ん中には井戸があり、夏には観光客がたくさん集まるところです。...

  • コロッセオから見たローマ

     ローマに着いた翌日の午前中はローマ市内観光で午後からがフリータイムだった。午前中は定番のコロッセオやフォロ・ロマーノ、真実の口、スペイン広場と巡る予定になっていたが、僕らは午後...

  • イタリアで食べたもの:その8

     夜になったローマ。定番のトレビの泉へ行って(冬でも大変な人だかりである)、発祥の地のジェラートではなく焼き栗をつまみながらイタリアとの次の再会を願った。この焼き栗屋、僕らが10...

  • サンタンジェロで愛を誓う

     ポンペイから約2時間半かけてローマまで戻って来た。こうして南イタリアの田舎を巡ってくるとローマがいかに重厚な町並みであるかよくわかる。確かにローマは一日じゃできぬ。ローマに来た...

  • イタリアで食べたもの:その7

     ポンペイのレストランでランチ。アンティパスティは「蛸のサラダ」。蛸の足って、日本人にはなぜか馴染みやすい絵柄だなぁ。たぶんイイダコのような小さなものだと思うけどシンプルなドレッ...

  • ポンペイ散歩その2:ポンペイの色

     ポンペイ遺跡に残された町には、いたるところに2000年前からの色が奇跡的に残っている。考えてみるとそれはすごいことである。特に秘儀荘の「秘儀の間」に描かれた壁画は色鮮やかで生々しい...

  • ポンペイ散歩その1:現実か幻か

     来たいと思っていたポンペイ遺跡に来た。入口(下写真左)から一歩入ると2000年近く前の町が出迎えていた(下写真右。この右の道から中に入って行く)。79年のヴェスヴィオ火山の噴火によっ...

  • ポンペイの犬

     アマルフィを出発し、ポンペイまでやって来た。かのポンペイ遺跡に入場し、おびただしい写真を撮ったのでご紹介したいが、その前に、ポンペイ遺跡で最も印象に残った「犬」のこと。遺跡に入...

  • リモーネ!リモーネ!

     南イタリアのソレントやらアマルフィやらの土産物屋で最も多く見られるものがレモンのリキュール「レモンチェッロ(リモンチェッロ)」である。いろんな瓶に詰められてやたらめったら並んで...

  • イタリアで食べたもの:その6

     日が暮れたアマルフィで、ちょっと小腹が減ってつまんだもの、それがこの「アランチー二(アランチーノ)」である。アランチーニはいわゆるライスコロッケで、街角のバールや屋台などで気軽...

  • アマルフィのスーパー、そして旗

     以前イタリアの町中にはスーパーマーケットが見あたらないと書いたことがあるが、スーパーが無いのではなくて、あっても見分けがつきにくいだけだったのかもしれない、と今回の南イタリア旅...

  • アマルフィ探検:その3

     どこにたどり着くのか不安ながら階段をさらに登り、アーチをくぐると視界が開けた。「ひゃー海が見えるぞ」塀の向こうはレモン畑で、その向こうにアマルフィの町が広がり、手前に夕日をバッ...

  • アマルフィ探検:その2

     さて、迷宮へ登って行く。メイン通りから一歩入るとそこは生活空間である。たくさんの洗濯物に出会う。人とすれ違うのがやっとというような細い階段が見え隠れしている。階段また階段である...

  • アマルフィ探検:その1

     海岸線を歩いてアマルフィの町にやって来た。小さな町である。さて、さっそくアマルフィ探検といこう。旧市街の中へは海岸から左写真のPorta della Marina(マリーナ門)をくぐって行く。門...

  • アマルフィのホテル

     ようやくアマルフィのホテルに到着した。はやる気持ちでホテル駐車場のテラスから眺めると、アマルフィの町が一望であった(写真上)。ホテルはアマルフィの町から800mぐらい離れている。離...

  • エメラルドの洞窟

     アマルフィに向かう途中、「エメラルドの洞窟」とやらに立ち寄った。イタリアと言えばカプリ島の「青の洞窟」ってのが有名で人気らしいけど、エメラルドねぇ…?青の洞窟も波と天候の関係で...

  • アマルフィ海岸を走る

     ソレントから続くアマルフィ海岸沿いの道はくねくねとして狭い。海岸沿いは切り立っており、崖っぷちに建物が密集した村や町がときどき現れては消える。なんでこんなところに無理無理家を建...

  • イタリアで食べたもの:その5

     ソレントのタッソ広場から路地を入った所にある「カルーソ/Caruso」というレストランでランチ。このレストラン、中の壁は音楽関係の楽譜や写真でいっぱいだった。店名にRistorante Museoと...

  • 帰れ、ソレントへ!

     バスは大型から小ぶりのものに変更された。これから走るアマルフィ海岸沿いの道や町は、大型バスでは不都合なのである。ナポリを出たバスはくねくねとした風光明媚な海岸線を走り1時間ほど...

  • ナポリ駅前探検

     午前7時。出発前の朝の時間を使ってナポリの駅前探検である。初めての街の初めての朝の散歩というのはいつもちょっと心躍る。朝は冷えるが高揚しているので気にならない。さて、僕と一緒に...

  • ナポリ駅の夜

     ナポリで宿泊したホテルは「スターホテル・テルミナス」。名前の通りナポリ中央駅の真ん前にあるホテル。ホテルの入口から出て左を見ると下写真左、右を見ると下写真右ってわけで、確かに目...

  • どらーとちぃこのイタリア旅行記 第14話 5日目 ナポ...

    →イタリア旅行記 最初のページ(第1話)に戻る→イタリア旅行記 ひとつ前のページ(第13話)に戻る午後は次の目的地、洞窟住居サッシ(Sassi)の街マテーラ(Matera)への移動です。マテーラは...

  • イタリアで食べたもの:その4

     マテーラから延々走ってナポリに着いたのは夕方だった。陽は早く落ちて行きポジリッポの丘へ着いたころには夜景となっていた。夕食はピッツァ発祥の地ナポリであるからして、カステル・テロ...

  • イタリアで食べたもの:その3

     マテーラのサッシエリアにある「IL TERRAZZINO」というレストランで昼食である。入口は小さく狭い階段を下りて行くのだが、店内は広く洞窟風になっており、特にレストラン前のテラスは景色...

  • マテーラの迷路

     アルベロベッロから車で1時間、マテーラに着いた。イタリアのバジリカータ州の町「マテーラ」の新市街を抜け、崖の上から洞窟住居群が並んだ旧市街の丘を目の当たりにした時は思わず息をの...

  • ちょいとバールに寄って

     いまや世界のどこの町にもあるのに、イタリアの町に無いもの、それは「スターバックス」である。イタリアでスターバックスが必要ないのは、どんな小さな町や村にも「バール(BAR)」がある...