Top

ブログネタ

ノースウエストの危機

投稿数:2エントリー

以下、ウィキニュースからの引用になります。 【2005年9月15日】 15日のNHK[1]と日本経済新聞(日経)[2]によると、14日(東部夏時間、UTC-4)、アメリカ合衆国のデルタ航空とノースウエスト航空がそれぞれ連邦破産法11条の適応を申請した。両者は会社更生手続きにはいる。 デルタ航空は米国第3位、ノースウエスト航空は第4位の航空会社。それぞれが米国連邦破産法11条の適用を、ニューヨークの裁判所に申請した。連邦破産法11条の適応を受けると、会社は破産裁判所の監督下で操業を続け、再建を目指す。すでに、2002年にユナイテッド航空、USエアウェイズが同法の適用を申請しているため、米航空大手7社中4社が破産状態となったことになる。 日経は、値引き競争と原油高が原因と見ている。NHKによると、負債額は、デルタ航空が約283億米ドル、ノースウエスト航空が約179億米ドル。 日経によれば、14日、米国航空輸送協会(ATA)のメイ理事長は、米国上院航空小委員会の公聴会に出席して、ジェット燃料税とテロ対策税の減免を訴えた[3]。 引用ここまで。 このとき、日本でも話題になっていた原油高騰が始まっており、この影響をもろに受けて収益が減少していました。これは事実方の倒産です。 現在は、再生を目指して運行は続けており今年に入ってからインディペンデンスを買収して「コンパス航空を設立」7月(つい最近ですね)から再建開始となっています。 頑張れ!ノースウエスト!!

みんなの投稿

  • 液体爆弾テロ未遂の影響 DFSもご苦労なことです (^_^)/

    2007/01/19 02:21

カテゴリー