TOPブログネタ > ユーチューブ動画独自用語

ブログネタ

ユーチューブ動画独自用語

ユーチューブは1日に3万5千もの動画ファイル がアップされることもあって、人気もうなぎのぼり。 ユーチューブファンによる造語もできています。 例えば、ユーチューブで見られるアニメをメモして おくことを「アニメモ」する、と言います。 それだけユーチューブでのアニメ人気が高いと いうことなんです。 日本のアニメは海外でも大人気。 翻訳アニメが書店に並び、吹き替え版のアニメが 毎日のように放送されています。ポケモンや ドラゴンボール、ドラえもんなどが人気です。 最近では日本でもアニメ、映画ともに人気の 「デスノート」も海外で人気があります。 その中でも機動戦士ガンダムの人気は特別です。 日本人男性で30代、20代後半くらいの人はほと んど子どもの頃からガンダムを見て育ってきた といっても過言ではないくらい。 その影響か、ガンダムの動画をユーチューブで探して いる人が後をたちません。外国人も日本人も ユーチューブでアニメモしているわけです。 現在日本では週に70本以上のアニメが放送されて いるので、ユーチューブにアップされている動画も 半端な数ではありません。だからこそアニメモ が必要になってくるわけです。アニメモ した日記をブログで公開して、そこから アクセスする。そんな流れができています。 アメリカを始めとした海外でのアニメ 人気はユーチューブや他のサイトでのアニメ 動画のアップ数を見るとわかります。 海外で放送されている作品や、北米でソフト 化されている作品だけではなく、日本で 放送中のアニメが放送後すぐにアップされ、 しかも字幕付という状態です。これは、 番組をパソコンのBit CometなどのP2P ソフトで入手し字幕をつけてインターネット で配布しているのです。もちろん違法です が、これによって日本で放送されている アニメはほぼすべて世界中のどこにいても 見ることができるんです。 アニメモ文化が発達してきたのも、これを みるとわかりますよね!これからもいろんな 新しい言葉がユーチューブを通じて生まれて きそうですね!

みんなの投稿

  • 1