TOPブログネタ > ユウチューブの会社概要

ブログネタ

ユウチューブの会社概要

◎ユウチューブの会社概要 現在、インターネットユーザーの間でネット上で動画が見られる人気サイト、ユウチューブが注目されています。 ユウチューブとはアメリカの企業の名前でもあり、オンライン上で動画を共有、閲覧できるサービスをおこなっており、それらのサービスサイトの名称にもなっています。 ここではユウチューブという会社について見てみたいと思います。 ○YouTube(ユーチューブ)は、アメリカ合衆国の企業。また、同社が運営する、オンライン上で動画を共有、閲覧できる同名のソーシャル・ネットワーキング・サービスサイト。 2005年2月、米カリフォルニア州サンマテオで設立。CEOは元PayPal社員のチャド・ハーリー。社員数50人。Tubeは英語でブラウン管(Cathode Ray Tube)の意味がある。 キャッチコピーはBroadcast Yourself.(あなた自身を配信せよ)。設立のきっかけは「ビデオ映像を簡単に誰でも共有したかった」からである。 今後どういった部分で収益を上げていくかが注目されていたが、2006年10月に入るとGoogleに買収されるのではないかとの報道が入り(ちなみにYouTubeは主にGoogle AdSenseの広告を利用していた)、10月9日にGoogleが16億5000万ドルで買収に同意したとの発表を行った。 この買収については日本での反応として一般ユーザーからアップロードされた動画に対し厳しい規制が取られてしまうのでは?という危惧が持たれている。だが、チャド・ハーリーCEOはこれに対し「YouTubeはGoogleに買収されたが、今後もYouTubeとしたブランドで独立したサービスを提供し続ける」と述べた。 また、Google側もYouTubeの類似サービスであるGoogle Videoは続行してサービスを提供すると述べた。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 このようにユウチューブはGoogleによって買収されましたが、ユウチューブのサービス内容は今後も変わりなく続けていくという事です。 Googleグループに入ったことで、ユウチューブは、今後より一層のサービスの向上なども見込まれますが規制も強まりそうです。

みんなの投稿

  • 1